@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

けち万歳【けちまんざい】

精選版 日本国語大辞典

けち‐まんざい【けち万歳】
〘名〙 (「けち」は接頭語)
① 万歳師をののしっていう語。
※浄瑠璃・太平記忠臣講釈(1766)六「袋かたげて逃げかへれば、『けたいの悪い吝万才(ケチマンザイ)』と、呟く折から」
② (形動) 素性が知れないこと。どこの者ともわからないこと。また、そのさま。
※浄瑠璃・蛭小島武勇問答(1758)三「お前が産だ子ではなし、埒もないけち万才な者をどっからやら貰ふてきてから」
③ (形動) いまいましいこと。しゃくにさわること。また、そのようなさま。
※歌舞伎・桑名屋徳蔵入船物語(1770)二「種々(いろいろ)のけちまんざいな事ぢゃ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けち万歳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

けち万歳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation