@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

けれども【ケレドモ】

デジタル大辞泉

けれども[接]
[接]《接続助詞「けれども」から》前に述べた事柄と相反する内容を導く語。だが。しかし。「彼は頑固だ。けれども、話はわかる人間だ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けれども[接助・終助]
[接助]活用語の終止形に付く。
確定の逆接条件を表し、内容の矛盾する事柄を対比的に結びつける意を表す。「言うことはりっぱだけれども、することはなってない」「年はとっているけれども、実に活動的だ」
ある事実を前置きとして述べ、本題に結びつける意を表す。「経験から言うんだけれども、時間には厳しいほうがいい」「これおもしろい本だけれども、君読まないか」
二つの事柄を単に結びつける意を表す。「野球番組も好きだけれども、音楽番組も好きだ」「時間もないけれども、金もない」
[終助]活用語の終止形に付く。
言い切りを避け、婉曲に表現する気持ちを表す。「あすなら行けるんですけれども」「父は今日出かけているんですけれども
不安に思ったり、なかばあきらめたりしながらも、事柄の実現などを願う気持ちを表す。「このままお天気が続くといいんですけれども
[補説]「けれども」は中世末、形容詞活用の已然形語尾に接続助詞「ども」が付いてできたもの。近世前期になると、くだけた感じを伴う「けれど」「けど」が生じ、後期には、「けども」が成立した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

けれども
接続
接続助詞のけれどもから
上に述べたことやそれから予想されることと反対、不釣り合い、不調和なことを以下に述べることを示す。しかし。だが。だけど。 たしかにとても安い。-品質はどうだろうか
一つの事柄を一応そうだと認め、しかしさらに同類の事柄を対比的にあげるのに用いる。 京都もいい。-、奈良もまたいい所だ
相手の発言を受けて、以下その意見に異議を述べることを示す。 -ね、こういう例もあるから必ずしも君のいうとおりにはならない くだけた言い方では、けれどけどけどもなどの形が使われる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けれども
形容詞活用の已然形語尾けれに接続助詞どもが付いたものから
接助
活用語の終止形に接続する。
ある事柄に、それと逆の、または関係のうすい事柄を結びつける。 登りは苦しい-、山頂はすばらしい ちょっと淋しそうな顔だ-、美しい人だ
前置きを本題に結びつける。 つまらない物です-、お受け取りください 勝手な言い分です-、帰らせてください
二つの事柄を単に結びつける。 本が届いている-、支払いはすんだの 日本の象徴という-、富士山はほんとにすばらしい
終助
活用語の終止形に接続する。
事実とは反対の事柄を願う気持ちを表す。 もうすこし背が高いといいのだ-
実現しそうにない、はかない願いを表す。 ちょっとでも晴れてくれるとありがたい-
軽蔑し、軽んじる気持ちを添える。 どうせろくなことはあるまい-
はっきり言わず、遠回しに述べる気持ちを表す。 そろそろお時間です- くだけた言い方では、けれどけどもけどなどの形で使われることが多い

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けれ‐ども
[1] 〘接助〙 叙述を担う活用語の終止形をうけて、先行の事柄と後行の事柄とが逆接の関係にあることを示す、中世末期以後の助詞。「けれど」「けども」「けど」などの形と共存する。→語誌(1)(2)。
※四河入海(17C前)二一「夢覚て坐する事久きけれどもさきに久くいねた程に其枕痕がほうについて不消ぞ」
[2] 〘接続〙 先行の事柄に対し後行の事柄が反対、対立の関係にあることを示す。逆接。しかし。だが。けれど。けども。けど。けんど。
※老子経抄(1596‐1615頃)「異端の説に近いぞ。けれども真実は異端の端に非ず」
[語誌](1)成立は接続助詞「ども」と、上接の「けれ」とが融合したもの。
(2)同様な逆接関係を示す接続助詞「のに」には、先行の事柄と後行の事柄との矛盾に対する批判的感情が含まれるが、「けれども」には含まれない。
(3)近世初期には「う・た・たい・ぢゃ・べい・ぬ・ます」などの助動詞や形容詞の終止形にも下接し、近世中期には動詞にも下接するようになり、接続助詞として確立した。形容詞や動詞に付く新しい用法は、男性よりも女性に多く見られる。
(4)文章語の場合、明治期には「けれども」の使用が最も優勢であり、大正期以降は「けれど」の方が優勢となる。口頭語では明治期は「けれど」、大正期以降は「けど」の使用が優勢である(土井洋一「助詞助動詞詳説」)。
(5)下に続くべき文を省略して余韻をもたせる用法からさらに進んで、「浮雲〈二葉亭四迷〉三」の「あら、然うぢゃ無いんだけれどもさ」や「好人物の夫婦〈志賀直哉〉二」の「そんな事をしないとはっきり云って下されば〈略〉我慢してお留守して居るんですけど」の例のように、終助詞的に文末に用いることがある。会話の場合が多いので「けど」「けれど」の形が普通である。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けれども」の用語解説はコトバンクが提供しています。

けれどもの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation