@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

こく【コク】

デジタル大辞泉

こく
《形容詞「こ(濃)し」の連用形「こく」の名詞化か。また、漢語「酷」からか》
濃厚なうまみ。「こくのある酒」
内容に深い趣があること。「話にこくがない」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こく
〔漢語の「酷」からとも、形容詞「濃い」の連用形からともいう〕
濃い深みのあるうま味。主として飲み物についていう。 「 -のある酒」 「 -のある文章」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こく
〘名〙 (形容詞「こい(濃)」の連用形の名詞化したものか。また、「こく(酷)①」からとも) 酒などの、深みのある濃厚なうまみ。また比喩的に、文章や話などの深みのある趣。
※骨ぬすみ(1899)〈広津柳浪〉四「佳酒(ええ)どこぢゃない、壜詰の正宗と同一品(ひとつもん)だから、こくがあるんぢゃ」
※思想と風俗(1936)〈戸坂潤〉文学、モラル及風俗「多少コクのありさうな哲学になればなるほど」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こ・く
〘他カ四〙 (「こく(扱)」と同語源)
① 体内にあるものを尻や口から勢いよく外に出す。放つ。たれる。ひる。〔十巻本和名抄(934頃)〕
咄本・軽口露がはなし(1691)一「爰なりと息づむひゃうしに、大き成屁を一つぽんとこきたり」
② 他人がものを言うことを卑しんでいう語。ほざく。ぬかす。
※巨海代抄(1586‐99)上「なんでか在るらふへどかすの様な事をこいて宗門くづしめた」
社会百面相(1902)〈内田魯庵〉矮人巨人「馬鹿吐(コ)く勿(な)
③ ある事をする。好ましくない事をするときにいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こく」の用語解説はコトバンクが提供しています。

こくの関連情報

他サービスで検索

「こく」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation