@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

こけらずし

精選版 日本国語大辞典

こけら‐ずし【鮨】
〘名〙 すしの一種。薄く切った魚肉や貝肉、たまご焼き、しいたけなどを、こけらぶきのように、飯の上にのせ、押しずしにして四角に切ったもの。魚の腹などに飯をつめた、丸ずしに対していう。こけら。《季・夏》 〔料理物語(1643)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

こけらずし
三重県、東紀州地域に伝わる郷土料理酢飯ニンジンシイタケサンマ酢漬卵焼きなどのを重ね、山イチゴので挟んでつくる押し寿司。彩り豊かで、主に祝いのの料理としてつくられる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こけらずし」の用語解説はコトバンクが提供しています。

こけらずしの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation