@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

こしき

栄養・生化学辞典

こしき
 と書く.コメなどを蒸すのに使う装置で,筒もしくは箱状のものに蒸気の通る穴があり,洗って吸水させたコメなどを蒸気を通して蒸す.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こしき
〘名〙 古くから日本で用いられた鋳鉄用融解炉。銑鉄や鋳物の再溶解に使われたもので、現在のキューポラに当たる。
※いやな感じ(1960‐63)〈高見順〉一「コシキと、工場では呼んでいる熔解炉で、鋳物の地金を熔かしているからだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こしき」の用語解説はコトバンクが提供しています。

こしきの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation