@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

こそ【コソ】

デジタル大辞泉

こそ[係助・終助・接尾]
[係助]種々の語に付く。
ある事柄を取り立てて強める意を表す。「今こそ実行にうつすべきだ」
「もののあはれは秋―まされ」〈徒然・一九〉
ある事柄を一応認めておいて、それに対立的、あるいは、否定的な事柄を続ける。「感謝こそすれ、恨むことはあるまい」「賛成こそするが、積極的ではない」
「昔―外(よそ)にも見しか我妹子(わぎもこ)が奥つきと思へば愛(は)しき佐保山(さほやま)」〈・四七四〉
文末にあって、言いさして強める意を表す。「これはこれは、ようこそ」「『先日はありがとう』『いや、こちらこそ』」→こそあれてこそとこそばこそもこそ
「深く信をいたしぬれば、かかる徳もありけるに―」〈徒然・六八〉
[補説]古語では、文中にあって「係り」となり、文末の活用語尾を已然形で結ぶ。また、上代では連体形で結ぶこともある。係助詞「ぞ」「なむ」に比し、強調の度合いが強いといわれる。2は、現代語では、多く「こそあれ」「こそすれ」「こそするが」などの形で用いられる。3は、「こそ」に続く述語部分を省いたもので、古語では、「あれ」「あらめ」「言はめ」が省かれることが多い。
[終助]《上代語》用言の連用形に付く。願望を表す。…てほしい。…てくれ。
「ぬばたまの夜霧に隠(こも)り遠くとも妹(いも)が伝へは早く告げ―」〈・二〇〇八〉
[接尾]
人名などに付けて、呼びかけに用いる。
「聞き給ふや、西―といひければ」〈大和・一五八〉
子供の名に付けて、親愛の意を添える。
「忠―五になる年の三月に」〈宇津保・忠こそ〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こそ
( 係助 )
文中、種々の語に付いて、それを取りたてて、強く指示する意を表す。
多くの事柄の中から特定のものを取り出して強調する。 「ことし-がんばるぞ」 「今だから-こんな事も笑って話せるのです」
動詞の仮定形に助詞「ば」の付いた形に付き、既定条件を表して、後件の理由を強く提示する。 「あなたのことを思えば-、注意しているのです」
(「こそすれ」「こそあれ」「こそなれ」などの形で)事実は事実として一応認めておくが、という意を表す。 「ほめ-すれ、決して笑いはしない」 「きつく忠告することは、先輩としての務めで-あれ、後輩へのいたずらな干渉ではない」
「それこそ」の形で、副詞的に用いる。 「そんなことをしようものなら、それ-大変だ」
(「ばこそ」の形で終助詞的に用い)まったくそうはならないの意を表す。 「押しても引いても動かば-」
古文では、この語が文中に用いられると、文末の活用語は已然形で結ぶ。
に同じ。 「隆家-いみじき骨は得て侍れ/枕草子 102」 「いとはかなうものしたまふ-あはれにうしろめたけれ/源氏 若紫」 「まことに蓬萊ほうらいの木かと-思ひつれ/竹取」
この語は、事物を指示する意が強いために、後件が前件と反対の内容をもつ時は、逆接の意が加わることになる。 「八重むぐら茂れる宿のさびしきに人-見えね秋は来にけり/拾遺
「こそあれ」「こそあらめ」などの形で、「あれ」「あらめ」などの言い方を省略して、「こそ」で文を終止することがある。中世以降の用法。 「未練の狐ばけ損じけるに-/徒然 230
「もこそ」の形で、「…になるかも知れないが、そうなったら困る」の意を表す。 「人も-聞け、と思ふ思ふいけば/和泉式部日記」
上代では、已然形に付いて順接の確定条件を強める意を表すことがある。 「嘆きつつますらをのこの恋ふれ-我が結ふ髪の漬ちてぬれけれ/万葉集 118
上代では、形容詞や形容詞型活用の助動詞におけるこの語の結びは連体形である。 「難波人葦火焚く屋のすしてあれど己おのが妻-常とこめづらしき/万葉集 2651
( 終助 )
〔上代に見られる用法〕 連用形に付き、他に対する希望の意を表す。 「うぐひすの待ちかてにせし梅の花散らずあり-思ふ児がため/万葉集 845」 〔この終助詞「こそ」は助動詞「こす」の命令形とみる説もある〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こそ
( 接尾 )
〔助詞「こそ」から〕
人名に添えて、親しみをこめて呼び掛けるのに用いる。…さん。 「北殿-、聞き給ふや/源氏 夕顔
子供の名に付けて、親愛の意を添える。 「名をばただ-といふ/宇津保 忠こそ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こそ
[1] 〘名〙
① ひそかに物事を行なうこと。また、そのさま。秘密。内密。→こそと
浄瑠璃・猿丸太夫鹿巻毫(1736)二「黒札をも見貫(みぬく)此伯父のめをぬいて、よふこそで出あるく」
② 密淫売婦。私娼
浮世草子好色敗毒散(1703)一「是は孤鼠(コソ)の喰隠しとて、密夫同罪の下卑情なり」
[2] 〘語素〙 名詞の上に付けて、人に知られないように物事をする意を表わす。「こそあきない」「こそどろ」「こそべや」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こそ
[1] 〘係助〙
[一] 文中で係りとなる用法。これとかかわりをもつ文末活用語は已然形をとる。ただし、上代では已然形の発達の遅れている形容詞および形容詞型活用の語の場合は連体形。→語誌(1)(2)。
① 文中の連用語をうけ、その被修飾語である述語用言との結び付きを強める。ただし、結びの述語用言が省略されることがある。
(イ) 已然形によって続けられた前句と後句との関係が順接のもの。この用法はきわめて少ない。
※古事記(712)上・歌謡「汝許曾(コソ)は 男にいませば〈略〉若草の 妻持たせらめ 吾はもよ 女にしあれば 汝を置(き)て 男(を)は無し」
(ロ) 順接関係で続くべき後句を表現しないで、余情としてその意を含むもの。
※万葉(8C後)一二・三一一四「極まりて吾もあはむと思へども人の言社(こそ)繁き君にあれ」
(ハ) 已然形で続けられた前句と後句との関係が、意味的に逆接のもの。→語誌(3)。
※書紀(720)雄略二三年八月・歌謡「道に闘(あ)ふや 尾代の子 母(あも)に挙曾(コソ) 聞こえずあらめ 国には聞こえてな」
※浮世草子・好色一代女(1686)五「(もめん)布子でこそあれ、継の当たを着事は御ざらぬ」
(ニ) 逆接で続くべき後句を表現しないで、余情としてその意を含むもの。
※万葉(8C後)一六・三八二六「蓮葉はかく許曾(コソ)あるもの意吉麻呂が家なる物は芋(うも)の葉にあらし」
(ホ) 已然形で意味的に切れるもの。上代にはきわめてまれで、しかも「うべしこそ」「かくしこそ」の形が主であったが、時代が下るとともに逆接関係で続くものより優勢となる。
※万葉(8C後)一九・四一八七「かくし己曾(コソ) いや年のはに〈略〉あり通ひ 見つつしのはめ この布勢の海を」
※徒然草(1331頃)一九「折節の移りかはるこそ、ものごとに哀れなれ」
② 条件文の前句をうけ、後句との結び付きを強める。
(イ) 確定条件を表わす語をうける。上代では已然形をうける場合、接続助詞「ば」を介さず直接につく。
※万葉(8C後)一七・三九三三「ありさりて後も逢はむと思へ許曾(コソ)露の命も継ぎつつ渡れ」
※徒然草(1331頃)八八「さ候へばこそ、世にありがたき物には侍りけれ
(ロ) 仮定条件を表わす語をうける。
※古事記(712)下・歌謡「つぎねふ 山城女の 木鍬持ち 打ちし大根 根白の 白腕(ただむき) まかずけば許曾(コソ) 知らずとも言はめ」
(ハ) 「ばこそ」「てこそ」の形で文を終止して反語表現となる。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「里に住めども吾子よりほかに、見え通ふ人のあらばこそ」
③ 質問文をうけた答の文の文頭に用いて、「確かに」という気持を表わす。中世に見られる用法。→語誌(4)。
※ロドリゲス日本大文典(1604‐08)「『コレヲ ミタカ?』『 Coso(コソ) ミマウシテ ゴザレ』」
※虎明本狂言・鎧(室町末‐近世初)「『ざっくときておどすと仰られたが、それはないか』『こそ御ざる』」
[二] 文末にあって詠歎的強調を表わす。
※万葉(8C後)一四・三五七四「小里なる花橘を引きよぢて折らむとすれどうら若み許曾(コソ)
[2] 〘終助〙 文末の連用形をうけ、他に対する希望の意を表わす。上代だけに見られる用法。
※万葉(8C後)五・八五二「梅の花夢(いめ)に語らくみやびたる花とあれ思(も)ふ酒に浮かべ許曾(コソ)
[3] 〘接尾〙 (しばしば「古曾」と書く) 呼びかけに用いる。中古以後の用法。→語誌(5)。
※大和(947‐957頃)一五八「聞き給ふや、西こそといひければ」
※今昔(1120頃か)二四「父古曾(こそ)と呼べば、忠行何ぞと云へば」
[語誌](1)文中の「こそ」をうけて形容詞または形容詞型活用の語の連体形で結んだ例として、「書紀‐仁徳二二年正月・歌謡」の「衣虚曾(コソ) 二重も良き さ夜床を 並べむ君は かしこきろかも」、「万葉‐二七八一」の「海(わた)の底おきを深めて生ふる藻のもとも今社(こそ)恋はすべ無き」などがある。
(2)「こそ…已然形」の呼応には、中古から破格の例が見えはじめる。その最も早い例は、句点に関して異論もあるが「竹取」の「さればこそ異物の皮なりけり」で、「源氏‐行幸」にも「内侍のかみあかばなにがしこそ望まむと思ふを」の例が見られる。「今昔」以後、次第にその例が多くなるが、結びの活用語が動詞、形容詞の場合はほとんどなく、「けり」「なり」(伝聞、または推定)などの断定性の弱く、感動性を含む助動詞、および推量の助動詞からはじまる。中世以降は破格化が進み、断定性の強い助動詞や形容詞にもおよぶ。
(3)中古以後、逆接の意味を接続助詞の「ど(も)」「とも」「に」などによって表わす例が現われる。「源氏‐東屋」の「守こそおろかに思ひなすとも我は命を譲りてかしづきて」、「太平記‐一九」の「後は山により、前は水を堺ふ事にてこそあるに」など。
(4)(一)(一)③のような例について、「ロドリゲス日本大文典」には、「ある質問の句があって、それに力強く答える句に用いる」と説明している。
(5)(三)の接尾語の用法から転じ、やがて人名に添える語となる。「宇津保‐忠こそ」の「男のいとをかしげなるを生み給へり。名をばただこそといふ」、「宇治拾遺‐一」の「花こそと云ふ文字こそ、女の童などの名にしつべけれ」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こそ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

こその関連情報

他サービスで検索

「こそ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation