@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

こたつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

こたつ
熱源の上部をやぐらでおおい,その上にふとんを掛けて,足および下半身を暖める暖房用具。掘りごたつと置きごたつがあり,第2次世界大戦後は腰掛式掘りごたつが広く普及した。掘りごたつはの一部を 45cm角程度切って設け,その上にやぐらを置いたもの。置きごたつは土製の小型火壺の上にやぐらを置いたもので,あんかと呼ばれることもある。また,腰掛式掘りごたつは 90cm角程度の部分を 40cm程度床より低くし,中央に炉を切り,上部にやぐらを置いたもので,こたつの中に足をおろして使用する。こたつの熱源には,古くから木炭が用いられたが,一酸化炭素中毒のおそれがあるので,最近はほとんど電気に代った。普通はやぐらの裏側に 300W程度の幅射型熱源を設け,こたつ内部が暖まるようになっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

こたつ
こたつ / 炬燵
冬季に使用する採暖用具の一つで、熱源の上に木製の(やぐら)を置き、上からふとんをかけ、下半身を中に入れて暖まる。古くは「火燵」とも書き、熱源には炭火を用いたが、近年は電気ごたつが普及している。冬はこたつが一家だんらんの場となることが多い。これには構造的に掘りごたつ、腰掛けごたつ、置きごたつの3形式がある。掘りごたつは切りごたつともいわれるもので、いろりの上に炭火を置く部分のみを開口した簀子(すのこ)をのせ、その上に櫓をのせたもの。腰掛けごたつは、熱源(炭火)を置く炉面を床下40センチメートル程度のところにつくり、床上に櫓をのせ、床面(畳)に腰掛けて利用する。半畳(はんじょう)の大きさが一般的で、こたつが不要な季節は櫓を外して蓋(ふた)をしておく。これが一般的になったのは昭和になってからで、現在、掘りごたつといえばこの腰掛けごたつをさすのがほとんどである。置きごたつは、櫓の底に板を張り、その上に土製の火容(ひいれ)を置いて使うもので、自由に移動できる。櫓は45センチメートル角程度の広さで小さく、のちには炭火のかわりに電気あんかを入れて使ったりもした。
 こたつの起源は明らかではないが、室町時代にいろりに櫓をかけてこたつにしたのが始まりで、「こたつ」の語は「火榻子(かとうし)」の宋(そう)音に基づくとされている。当時の櫓は低いもので、現在の櫓の高さになったのは江戸時代からである。高い櫓のこたつは、とくに高(たか)ごたつなどといわれ、置きごたつから広まっていった。行火(あんか)は置きごたつの一種である。なお、こたつ自体は、家庭燃料の乏しい都市から普及していったものである。[小川直之]
『宮本馨太郎著『民具入門』(1969・慶友社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こたつ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

こたつの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation