@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

こつ

精選版 日本国語大辞典

こつ
(「小塚原(こづかっぱら)」の異称) 近世、江戸千住の地名。古くから岡場所の一つ。
※人情本・明烏後正夢発端(1823)上「これから、こつへ往(いく)から、一所にいけといひますから」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こつ
〘副〙 小さい堅い物がぶつかって立てる、かすかな音を表わす語。
※城の崎にて(1917)〈志賀直哉〉「石はこつといってから流れに落ちた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こつ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

こつの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation