@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ころく

精選版 日本国語大辞典

こ‐ろく【胡簶・籙】
〘名〙 矢を入れて背に負う武具。矢の全部を包む筒形のものと、大部分が容器から外に現われる矢立式のものとがあり、それぞれ壺胡簶(つぼやなぐい)・平胡簶に発展した。古墳時代からあるが、奈良時代に盛んに用いられ、特に矢立式のものをいうことがある。やなぐい。〔十巻本和名抄(934頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ころく
〘副〙 烏の鳴き声を表わす語。「子等(ころ)(く)」にかけていう。
※万葉(8C後)一四・三五二一「烏とふ大をそ鳥のまさでにも来まさぬ君を許呂久(コロク)とそなく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ころく」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ころくの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation