@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ごある【ゴアル】

デジタル大辞泉

ごあ・る
[動ラ四]《「ござる」の音変化》
「ある」の意の丁寧語。ございます。
「生まれてこのかた、湯風呂を仕まつったことも―・らぬ」〈虎明狂・粟田口
(補助動詞)補助動詞「ある」の意の丁寧語。
「友達に損かける忠兵衛では―・らぬ」〈浄・冥途の飛脚

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごあ・る
〘自ラ四〙 (「ござる」の変化した語) 「ある」の意の丁寧語。ございます。あります。ごわる。補助動詞としても用いる。主として武家奴(やっこ)などの用いたことば。
※虎明本狂言・磁石(室町末‐近世初)「心のすぐになひもので御ある」
※洒落本・契情買虎之巻(1778)一「つとめをさせたうごありやす」
[語誌](1)単独例および「ます」「まらす」をともなって用いられることがあるほか、「…でごある」「形容詞+ごある」の形で補助動詞としても多く用いられた。
(2)使用者は、室町末期から江戸時代の、主として武家奴に限られ、位相語と言えるが、気負った場面等では、通人など、奴以外の者の使用例も見られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごある」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ごあるの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation