@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ごそ

精選版 日本国語大辞典

ごそ
〘副〙 (「と」を伴って用いることが多い)
① ごそごそと物音がするさまや物が動く気配を表わす語。
※浄瑠璃・津国女夫池(1721)三「欲にふける人でなしのちく生共、ごそ共せば、ぶてぶて」
※郊外(1900)〈国木田独歩〉二「ゴソッ・ガサッといふ音が漸々近づいて来るやうで気になってならない」
② ごっそり。全部。
※俳諧・本朝文選(1706)三・譜類・百花譜〈許六〉「ごそと剃こぼして、尼になりたるこそ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごそ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ごその関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation