@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ごつい

デジタル大辞泉

ごつ・い
[形]
大きくて、かどばっている。いかにも頑丈そうである。ごつごつしている。「―・い岩肌」「―・いからだつき」
態度や動作などがかたくてぎこちない。無骨だ。「―・い連中」
度をこしていて、すごい。「―・いやり方」
[派生]ごつさ[名]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごつ・い
〘形口〙
① 角張って堅くごつごつしている。荒けずりでいかつい。大きくて強い。ごっつい。〔俚言集覧(増補)(1899)〕
※真空地帯(1952)〈野間宏〉一「顔のごつい現役兵の一人がふりかへって」
② 無粋である。垢ぬけしていなく野暮である。
※浮世草子・契情刻多葉粉(1688‐1704)二「こついおやぢがふたりして、いけもせぬ軽薄いふている所へ」
③ 程度がはなはだしい。ひどい。ごっつい。
※太政官(1915)〈上司小剣〉四「一反で三十八円損するとごつうおますな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごつい」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ごついの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation