@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ごんす【ごんす】

大辞林 第三版

ごんす
動サ特活
ごあんすの転。一説にござんすの転とも
「来る」「いる」の意の尊敬語。いらっしゃる。 お家へさんか、よう-・したの/浄瑠璃・忠臣蔵 これ旦那殿、此処に-・すか/歌舞伎・桑名屋徳蔵
「ある」の意の丁寧語。ございます。 百万人の一座でも、つひぞつかへた事が-・せぬ/洒落本・跖婦人伝
補助動詞 「ある」の意の丁寧語。…(で)ございます。 やあ長作様、久しう-・す/浄瑠璃・生玉心中 まだ休んでで-・す/咄本・鹿の子餅 (1) 近世、初めは遊里の女性語であったが、のち遊び人や相撲取りなど、男性も用いるようになった。 (2) 活用はござりますに同じ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごん・す
[動サ特活]《「ごあんす」または「ござんす」の音変化》
「来る」の意の尊敬語。いらっしゃる。
「夜ふけて何しに―・した」〈浄・女腹切
「居る」の意の尊敬語。いらっしゃる。
「塩町辺に縁づきして―・すとや」〈浄・生玉心中
「ある」の意の丁寧語。ございます。
「小さい目は気が―・せぬ」〈咄・鹿の子餅
(補助動詞)補助動詞「ある」の意の丁寧語。…であります。…でございます。
「つらいもので―・す」〈浄・大経師
[補説]活用は「ごんせ・ごんし・ごんす・ごんする・ごんすれ・ごんせ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごん・す
〘自サ特活〙 (「ごあんす」の変化した語。また、「ござんす」の変化した語とも。活用は(未然)ごんせ・(連用)ごんし・(終止)ごんす・(連体)ごんする・(命令)ごんせ。命令形は、尊敬語だけ)
[一]
① 「来る」の尊敬語。いらっしゃる。来られる。
※茶屋諸分調方記(1693)一一「ようごんした。まづあがらんせ。あのおきゃくもはやおたちなされます」
② 「居る」の尊敬語。いらっしゃる。いられる。
※浄瑠璃・生玉心中(1715か)上「きけば姉御さん、堺筋の塩町辺に縁づきしてごんすとや」
③ 「ある」の丁寧語。ございます。あります。
※浄瑠璃・山崎与次兵衛寿の門松(1718)上「先(まづ)大ぶくの口明(あけ)にかはった咄しがごんする」
[二] 補助動詞として用いる。「ある」の丁寧語。ございます。あります。
※浄瑠璃・傾城二河白道(1705頃か)上「うさんな者ではごんせぬ」
[語誌]最初は遊女や遊里の女性語であったが、近世中期から、相撲取り・侠客などの男性も使用し、後期は町人などだけではなく国侍なども使用するようになった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごんす」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ごんすの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation