@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

さえ【サエ】

デジタル大辞泉

さえ[副助]
[副助]《動詞「そ(添)う」(下二)の連用形「そえ」から生じたという》名詞、活用語の連体形または連用形、助詞など種々の語に付く。
すでにあるものの上に、さらに付け加える意を表す。…までも。「風が吹き出しただけでなく、雨さえ降りだした」
「霧も深く露けきに、簾(すだれ)―上げ給へれば、御袖もいたく濡れにけり」〈夕顔
ある事柄を強調的に例示し、それによって、他の場合は当然であると類推させる意を表す。…だって。…すら。「かな文字さえ読めない」
「その大切な神仏(かみほとけ)さまがたで―金銀を御信心遊ばす」〈滑・浮世風呂・四〉
(仮定表現を伴い)その条件が満たされれば十分な結果が生じる意を表す。せめて…だけでも。「これさえあれば鬼に金棒だ」「覚悟ができてさえいれば、心配はない」→すらだにまで
「一の棚―領じておいたらば(=手ニ入レテオケバ)後には何を商売いたさうともそれがしがままぢゃ」〈虎明狂・鍋八撥〉
[補説]「さえ」は、古くは格助詞の上にも下にも付き、「さへも」「さへこそ」のように係助詞にも先行するところから副助詞とする。中古から「すら」の意を吸収した「だに」との混同が始まるが、23用法は、中世末ごろ「だに」がほとんど用いられなくなってそのをも吸収したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さえ
副助
語源は添えという
体言およびそれに準ずる語、活用語の連用形、格助詞、接続助詞「て」など種々の語に付く。
極端な事柄を例として提示し、他の一般を推し量らせる意を表す。普通、打ち消しの表現を伴ったり、「…さえ…だから」の形でその結果に結びつけたりすることが多い。 大学者で-解けない問題だから、一般の人にわかるはずがない 夫婦げんかは犬-食わない
(仮定条件句の中で用いられて)そのことだけで、すべての条件が満足される意を表す。 君-よければ、それでいい お金-あれば、満足だ
そればかりではなく、さらにつけ加わる意を表す。これが「さえ」本来の用法であるが、現代語ではこの用法は少なくなっている。 親兄弟ばかりでなく、妻に-死に別れた 多祜たこの浦の底-にほふ藤波を/万葉集 4200 上代では、さへすらだにとそれぞれ意味を分担して並び行われたが、その後、すらだには次第に用いられることが少なくなり、さへがそれらに代わって用いられるようになっていった。この傾向は中世末期以降特に目立つようになった。それと同時に、従来さへがもっていたの用法、すなわち添加の意にはまでが用いられることが多くなったすらだに

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さえ さへ
〘名〙 (動詞「さえる(障)」の連用形の名詞化) 山野に設けた鳥獣を捕えるための囲い。〔書陵部本名義抄(1081頃)〕 〔司馬相如‐上林賦〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さえ さへ
〘副助〙 体言および体言に準ずる語・形容詞連用形(→語誌(1))・格助詞等をうけ、また「さえこそ」「さえなむ」「さえは」「さえも」等、係助詞と重ね用いられる。
① 既に存在する事実の上に、さらに同類の事実が添加する意を表わす。…まで(も)。→語誌(2)。
※古事記(712)上・歌謡「赤玉は 緒佐閇(サヘ)光れど 白玉の 君が装し 貴くありけり」
※枕(10C終)二五「寝おきてあぶる湯は、はらだたしうさへぞおぼゆる」
② 条件句に用いられて「せめて…だけでも」の意を表わす。→語誌(3)。
※新古今(1205)雑下・一七三八「命さへあらば見つべき身の果を偲ばん人の無きぞかなしき〈和泉式部〉」
③ 程度のはなはだしいものをあげて他を類推させる意を表わす。→語誌(4)。
※曾我物語(南北朝頃)四「まさしき兄弟さへ、似たるはすくなし。まして従兄弟に似たるものはなし」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「とうがらしなどといふものは家毎に沢山入(い)るものぢゃアねへがあれでさへ家業になって通る」
[語誌](1)形容詞連用形をうける例は中古に現われる。
(2)語源は、「さへ(さえ)」の本源的な用法①の意味から考えて「添へ(添え)」であろうと言われる。
(3)「さえ」と類義の副助詞に「だに」「すら」がある。この三語は上代それぞれ独自の意義を有していたが、徐々に変遷し(「すら」「だに」の項参照)、結果的に「さえ」一語に収斂する。②の意義は本来「だに」の意義であったもの、③の意義は本来「すら」の意義であったものであり、いったんは「だに」がとってかわるが、更に「さえ」にとってかわられ、室町期には「さえ」が「だに」「すら」の意をも含む三つの意義をあわせもつことになる。
(4)ところが、「さえ」の本義である①は、たとえば「百二十句本平家‐一〇」で「又様をさへ替へけんことのむざんさよ」とあるのが、「天草本平家‐四」では「マタ サマヲ マデ カエタ コトノ ムザンサヨ」となるように、「まで(も)」にとってかわられ、近世以降は「さえ」本来の意①は一般に用いられなくなる。つまり、現代語の「さえ」は、上代の「すら」「だに」の意義を表わしているということになる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さえ
(助動詞「さる」の命令形「さい」の変化したもの) …なさい。
※歌謡・松の落葉(1710)三・鼠の昼寝「鼠めが産の野中に昼寝してな、猫に子取らりょと夢を見たな、守(まもり)よ懸けさへ除(よけ)の守をな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さえ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

さえの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation