@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ささら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ささら
民俗芸能や歌舞伎囃子で用いられる体鳴楽器。本来は,中国から伝来した散楽の楽器の一つであって,「」の字があてられ,さらにさかのぼれば,中国の雅楽器の「ぎょ」と同じ機能をもつものといえる。現在では,先を縦に細かく割った竹筒 (ささら竹) と,のこぎりの歯のように刻み目をつけた木の棒 (木竿,ささらこ) とをすり合せたものを,単に「ささら」または「すりざさら」という。江戸時代には,門説経歌祭文などに,三味線胡弓などとともに用いられた。これに対して,端にをあけた短冊様の板を,その孔にを通して数枚もしくは数十枚重ねて,その両端の2枚を持って振り鳴らすものも,「ささら」ともいうが,厳密には「びんざさら」といって区別し,「編木」の字をあてる。「拍板」などとも書かれる。特別な把手のついたものもある。古くは,田楽の主要楽器として用いられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ささら
簓とも書く。厨房で用いられる水洗用具。竹筒の一端を細かく裂くか,または細かく割ったタケを束ねてつくり,鍋,などを洗うのに使う。名は使用時の擬音から出たという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ささら」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ささらの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation