@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

さす【サス】

デジタル大辞泉

さす[名]
焼き畑のこと。武蔵国に多くある「指谷(さすがや)」という地名はこれに基づくといわれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さ・す[動]
[動サ五(四)]動詞「させる」に同じ。「母にせめてぜいたくを―・してやりたい」
[動サ下二]動詞「させる」の文語形

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さす[助動]
[助動][させ|させ|さす|さする|さすれ|させよ]上一段・上二段・下一段・下二段・カ変・サ変動詞の未然形に付く。
使役の意を表す。せる。させる。
「これはいさめる馬なりとて、鞍を置きかへさせけり」〈徒然・一八五〉
動作を他に任せておいて、結果的にそうなることを表す。…に任せる。→させるしむしめるせる
「馬の腹射させて引き退く」〈平家・一二〉
(多くあとに「たまふ」など尊敬の意を表す語を伴って)尊敬の意を強める。…なさる。
「二月の二十日あまり、南殿の桜の宴せさせ給ふ」〈・花宴〉
(謙譲語「聞こゆ」に付いて)謙譲の意を強める。お…申し上げる。→聞こえさす
「今一度かく見奉り聞こえさすることもなくてや」〈行幸
[補説]「さす」は上代から近世まで広く用いられたが、1の用法が原義。近世以降は四段型にも活用する。2は中世の軍記物語の類に多くみられる武者言葉の一用法。34は中古以降の用法で、3の「させたまふ」「させおはします」「させらる」などは高い敬を表す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さす

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さす
焼き畑のこと。もと武蔵国に多くある「指谷さすがや」という地名はこれに由来するといわれる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さす
させる。 老母に楽な目を-・してあげたい この上は勝負を-・して勝つた者を一の店に云ひ付けう/狂言記・連尺
下二

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さす
助動 させ ・させ ・さす ・さする ・さすれ ・させよ 上一段・上二段・下一段・下二段・カ行変格・サ行変格活用の動詞の未然形に付く。
使役の意を表す。
動作を他にさせる意味を表す。させる。 (雪ハ)侍ども遣りて取棄てさせしぞ/枕草子 九一・能因本 御格子ひとまばかりあけて御車寄せさす/狭衣 4
動作・作用が行われることを許可する、あるいはそのまま放任する意を表す。そのままにする。させておく。 あながちに隠して心安くも御覧ぜさせず、なやまし聞ゆる、いとめざましや/源氏 絵合 山里は人こさせじと思はねど訪はるる事ぞうとくなりゆく/新古今 雑中
中世の武士言葉で、受け身の意味に用いることがある。られる。 兼綱うち甲を射させてひるむところに/平家 4
待遇表現に用いられる。
尊敬の意を表す語を下に伴って、尊敬の意味を表す。 御渡りの事ども、心まうけせさせ給ふ/源氏 早蕨 是ひとへに愚老を助けさせおはします御孝行の御いたりなるべし/平家 1
謙譲の意を表す語に付いて、謙譲の意をさらに強める。 いとかたじけなく、立ち寄らせ給へるに、みづから聞えさせぬこと/源氏 若紫 さるべき職事蔵人などしてぞ奏せさせ給ひ、うけたまはり給ひける/大鏡 頼忠 (1) さすと接続の上で相補う関係にあり、四段・ラ行変格・ナ行変格活用の動詞にはが用いられる。 (2)
の意の場合、中世末から近世にかけて、四段化した例もある。ものやなんどを悪うして失せさしたり/勅規桃源抄 3分在に過たる願は得さしがたし/咄本・露が咄 (3)
の意には、未然形・連用形以外の活用形は用いられない。 (4) さすは漢文訓読系の文章には用いられず、和文にのみ用いられた

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さす
〘名〙 焼き畑のこと。武蔵国(東京都・埼王県)に多くある指谷(さすがや)という地名はこれに基づくという。
※地名の研究(1936)〈柳田国男〉地名考説「小石川指ケ谷町のサスは亦焼畑の義である」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さ・す
[1] 〘他サ五(四)〙 人にある動作をするようにしむける。させる。
※歌舞伎・傾城仏の原(1699)一「内へ呼んで話をさして顔を俺に見せよ」
[2] 〘他サ下二〙 ⇒させる〔他サ下一〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さす
〘助動〙 ⇒させる〔助動〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さ・す
〘接尾〙 (四段型活用)
① 他動詞連用形に付いて、その動作を中途でやめる意を表わす。…しかける。…し残す。
※伊勢物語(10C前)一〇四「見さしてかへり給ひにけりとなん」
※打聞集(1134頃)公野聖事「汝前生に此経を書奉りしに書さして死也」
② 自動詞の連用形に付いて、その動作が中途でやんだままの状態であることを表わす。…し残る。…しかかる。
※源氏(1001‐14頃)宿木「さてもいつばかり思い立つべきにか〈略〉と、心とりに聞え給へば、しばし入りさして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さす」の用語解説はコトバンクが提供しています。

さすの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation