@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

さで網【さであみ】

世界大百科事典 第2版

さであみ【さで網】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

さで網
さであみ
漁具の一種。網漁具に属するもので、袋状の地の網口を三角形や四角形の枠に装着し、柄をつけた小規模な漁具である。ナイロン製の網目の小さい網地や綟子(もじ)網が用いられている。設置した柴(しば)や篠(しの)の束に潜む小エビや、水面近くに集まっている小魚や小エビをすくいとるさで網(叉手網)、シラウオさでなどの抄網(すくいあみ)類と、網の上に水流により、または駆具(くぐ)によって集められた魚や小エビをすくいとる羽川(はねかわ)網、ウナギさで、コイさで、フナさで、ワカサギさでなどのさで網、鵜縄(うなわ)網、歩行(かち)網などの敷網類とに漁法上から分けられるが、形状はほとんど変わらない。さで網は、補助漁具として主漁具と併用されることもある。また、たも網は地方によってさで網あるいは(たま)とよばれている。[笹川康雄・三浦汀介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さで網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

さで網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation