@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

さば【さば】

大辞林 第三版

さば
接続
それならば。それでは。 -翁丸にこそはありけれ、よべは隠れしのびてあるなりけりと/枕草子 9

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さ‐ば
〘接続〙 先行の事柄の結果として、後行の事柄が起こることを示す。それならば。それでは。さらば。
※平中(965頃)二五「男、志賀へなん詣づると言ひければ、やがて、さば、もろともに。ここにも、さなむとて、行きける」
[補注]「さらば」「されば」の変化した語といわれるが、また、副詞「さ(然)」に助詞「は」の付いた「さは」とする考え方もある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さば」の用語解説はコトバンクが提供しています。

さばの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation