@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

さぶる児【さぶるこ】

精選版 日本国語大辞典

さぶる‐こ【さぶる児】
〘名〙 (「さぶる」は、上二段動詞「さぶ」の連体形。しなやかな美女の意) うかれめ。遊女。さぶるおとめ。
※随筆・こがねぐさ(1830頃か)「此ほとりなるさぶるこ(遊女)にたはれて」
[語誌](1)動詞「さぶ」は「霊異記‐上」の「窈窕」について興福寺本訓釈に二字あわせて「佐備」とあるところから「しなやかで美しくふるまう」の意とされる。
(2)「万葉‐四一〇六」の「南風吹き 雪消溢りて 射水川 流る水沫の 寄るへなみ 左夫流其児(サブルそのこ)に」には「言佐夫流者遊行女婦之字也」と注があり、その反歌の一首「里人の見る目恥づかし左夫流児(サブルこ)にさどはす君が宮出(みやで)後風(しりぶり)」〔万葉‐四一〇八〕では、遊女の名として用いられている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さぶる児」の用語解説はコトバンクが提供しています。

さぶる児の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation