@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

さまよえるユダヤ人【さまよえるユダヤじん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

さまよえるユダヤ人
さまよえるユダヤじん
Wandering Jew
最後の審判の日まで放浪を続ける運命を負わされた伝説ユダヤ人。彼は十字架を背負って刑場へ引かれていくイエスを嘲笑して,「とっとと行け」といったのに対して,イエスは「私は行くが,お前は私が帰ってくるまで待っていなければならない」と答えたといわれる。そのユダヤ人が実在しているという話が残っている。それは靴屋のアハスエルスといい,1542年ハンブルクで彼に出会ったというドイツの司教は,彼がイエスのを受けた「永生の」人間であるというのを聞いたと伝えている。この話を記したパンフレットが当時広く行き渡った。イギリスの年代記作者ロジャー・オブ・ウェンドーバーはもっと古い伝説を伝えている。 1228年イギリスに来たアルメニアの大司教が,イエスを嘲笑したユダヤ人に会ったが,その男はピラトの召使カルタピルスで,のちに改宗して洗礼を受けヨセフと名を改めたと語ったという。同種の伝説は他にも記録されている。永遠の罰を受けて,休みなく放浪を続ける人間という伝説は,ヨーロッパ各国で多くの作家の興味を喚起したが,特にレーナウ,シャミッソー,A. W.シュレーゲルなどドイツ・ロマン派の詩人が好んで題材とした。ゲーテもその一人であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さまよえる‐ユダヤじん〔さまよへる‐〕【さまよえるユダヤ人】
The Wandering Jewの訳語》欧州伝説で、刑場へ引かれるキリストを侮辱した罰として、死ぬこともできず、永遠に世界をさまようというユダヤ人ゲーテワーズワースの詩にも登場する。永遠のユダヤ人。
《原題、〈フランス〉Le Juif errantシューの長編小説。日刊紙コンスティテュショネルに1844年から1845年にかけて連載。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さまよえるユダヤじん【さまよえるユダヤ人 Wandering Jew】
ヨーロッパの伝説に語られる永遠に呪われた放浪者。中世末期に広まった伝説によれば,十字架を担って刑場におもむくキリストがアハスエルス(アハシュエロス)Ahasuerusなる靴屋の家の前で休息をもとめたとき,彼はこれを拒絶した。そのときキリストは〈,我の来たるを待て〉と答えて立ち去り,それ以後アハスエルスは故郷と安息とを失い,〈最後の審判〉の日まで地上をさまよう運命を負わされたという。また,聖アルバン修道院の年代記(13世紀初頭)によれば,ピラトの下で裁判所の門衛をつとめるカルタフィルスCartaphilusという者が,キリストを打擲(ちようちやく)したため,同じ罰を受けることになったという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さまよえるユダヤじん【さまよえるユダヤ人】
ヨーロッパに伝わった伝説の一。十字架を負い刑場へ向かうキリストをはずかしめたユダヤ人の靴職人が、キリストの再臨まで死ぬことを許されず永久に世界をさまよい歩くという内容で、反ユダヤ人意識が反映されている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

さまよえるユダヤ人
さまよえるゆだやじん
the wandering Jew
ヨーロッパに流布した伝説上の人物で、エルサレムの靴屋、アハシェロスという名のユダヤ人。彼は、十字架を担って刑吏に引かれて刑場ゴルゴタ(カルバリ)の丘へ向かう途上のイエス・キリストが彼の軒先でしばらく休もうとしたところ、イエスをののしり石を投げて追い立てた。そのときイエスが、「私がこの世にふたたびくるときまで、あなたは休む間なく、死ぬことすら許されず、地上をさまよい続けるであろう」と述べて、そこを立ち去った、という。
 この伝説は、1602年オランダのライデンに、この男に実際会ったという者が現れ、その証言集ともいうべき『アハシェロスという名のユダヤ人の話』と題するパンフレットが出回ってから、ヨーロッパ一円に広まった。ちなみに、すでに13世紀ごろ、イエスの十字架刑を許可したことで知られるローマ総督ピラトの下僕、カルタフィリスという人物についてもよく似た伝説がある。
 これらのユダヤ人は、紀元前6世紀に亡国の民となって以来、離散・放浪を余儀なくされたユダヤ民族の象徴であり、ヨーロッパ世界のユダヤ人差別の反映である。[定形日佐雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さまよえる‐ユダヤじん さまよへる‥【さまよえるユダヤ人】
〘名〙 (The Wandering Jew の訳語) ヨーロッパ伝説。刑場にひかれて行くキリストを辱(はずか)しめた一人のユダヤ人が、死ぬこともできず永遠に放浪するという筋。ゲーテ、ワーズワースなどの詩にとりあげられ、ウージェーヌ=シューに同名の小説がある。永遠のユダヤ人。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さまよえるユダヤ人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

さまよえるユダヤ人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation