@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ざくざく【ザクザク】

デジタル大辞泉

ざく‐ざく
[副]
砂利・小石などを踏み歩くときに出る音を表す語。「ざくざく(と)砂利を踏みながら行く」
野菜などを、力強く切り刻むときに出る音を表す語。「キャベツをざくざく(と)切る」
金貨などがたくさんあるさま。「大判小判がざくざく(と)出る」
[形動]織り方、刻み方などの粗いさま。また、雪や砂などの粒の粗いさま。「ざくざくに織ったショール」「野菜をざくざくに切る」
[アクセント]は、クザク、はザクザク

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざく‐ざく
[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 刻んだり、踏みつけたりする力強い音、粗い粉状のものが多く集まって触れあう音などを表わす語。「さくさく」よりやや強い音にいう。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉九五「落葉の堆(うづも)れてゐる上をザクザク踏みながら」
② 金(かね)などがたくさんあるさまを表わす語。
※唱歌・はなさかぢぢい(1901)〈石原和三郎〉「おほばん、こばんがザクザクザクザク」
[2] 〘形動〙 織り方、刻み方などの粗いさま。また、雪、砂などの粒の粗いさま。
※料理物語(1643)九「蓬汁〈略〉ゑもぎをざくざくにきり」
[3] 〘名〙 「ざくざくじる(━汁)」の略。
※茶湯献立指南(1696)四「ざくざくは成程こまかにすべし。然ども茶湯はざくざくはこのまざる事に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざくざく」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ざくざくの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation