@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ざくり【ザクリ】

デジタル大辞泉

ざくり
[副]
勢いよく刃物を突き立てたり、力を込めて切ったり割ったりするさま。「真っ二つにざくりと切る」
砂や砂利などを、勢いよくすくったり掘ったりするさま。「砂利をスコップでざくりとすくう」
布地などの手ざわりの粗いさま。
「手触りの―とした、濃い潮色の一重物(ひとえもの)を」〈秋声仮装人物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ざくり
(多く「と」を伴って)
物がたやすく切れるさまを表す語。 西瓜すいかを-と切る
柔らかいものの中に、刃物や棒状のものなどを勢いよく入れ込むさまを表す語。 槍で-と突く
米・砂利などを勢いよくすくうさま。 シャベルで-と砂をすくう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざくり
[1] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 物を力をこめて切ったり割ったりするさまを表わす語。また、やわらかい物などに勢いよくとがったものを入れたり、米や砂などを勢いよくすくいあげたりするさまを表わすのにも用いる。ざっくり。
※落語・八卦(1896)〈四代目橘家円喬〉「勿体らしく筮竹を取って推戴き、筮竹を半分にザクリと分(わ)って」
② 布地などの織り目や手ざわりの粗いさまを表わす語。ざっくり。
※仮装人物(1935‐38)〈徳田秋声〉六「手触りのざくりとした、濃い潮色の一重物を」
[2] 〘形動〙 衣服などを無造作に着こなすさま。
※俳諧・山の井(1648)秋「髪けづりなど、身もざくりに身をなして、機(はた)おる事をもうち捨」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざくり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ざくりの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation