@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ざっくり【ザックリ】

デジタル大辞泉

ざっくり
[副](スル)
力を込めて一気に切ったり割ったりするさま。大きく切れ目を入れるさま。「キャベツをざっくり(と)切る」「布地にざっくり(と)はさみを入れる」
深くえぐれたり、大きく割れたりするさま。「ざっくり(と)割れたスイカ」
大ざっぱなさま。全体を大きくとらえるさま。おおまかに。「取りあえずざっくりとしたところだけでも決めておこう」「ざっくりとした話し合い」「要旨をざっくりととらえる」
金・米・砂などを、大量に、また、無造作につかんだりすくったりするさま。「砂利をざっくり(と)すくう」
「紙入の中を―と掴んだ」〈鏡花婦系図
上着などを無造作に着るさま。「ざっくり(と)着こなす」
編み物などの、編み目や手ざわりなどが粗く厚みを感じるさま。「ざっくり(と)したセーター

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざっくり
〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 大胆に物を切ったり、割ったり、突き刺したりするさまを表わす語。
※虎明本狂言・連歌毘沙門(室町末‐近世初)「まんなかからざっくりとふたつにわる」
② 切り口や割れ目などが深くえぐられたり、割れたりするさまを表わす語。
※月暈(1953)〈島尾敏雄〉「ざっくりひどい傷口があった方が」
③ 金や米、小石などをつかんだり、踏んだりしたときに、それらの触れ合う音を表わす語。また、金銭などの量の多いさまにもいう。
※雑俳・柳多留‐二〇(1785)「ざっくりとつかんだ所を母おさへ」
④ 衣服などを無造作に着ているさまをいう語。
※雑俳・折句袋(1779)「ざっくり女房着の儘の春」
⑤ 布地などの手ざわりや織り方、編み方が粗くて厚みの感じられるさまをいう語。
※或殺人(1962)〈森茉莉〉「寝台掛布(ベッドカバー)は淡黄のざっくり編んだやうな織物である」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざっくり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ざっくりの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation