@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ざます【ザマス】

デジタル大辞泉

ざま・す[動]
[動サ特活]「ある」の意の丁寧語。多く補助動詞として用いる。→ざあます
「何でもよう―・す」〈人・春告鳥・初〉
[補説]活用は助動詞「ざます」に同じ。江戸後期、主として、江戸吉原で用いられた遊里語。現在も女性語として用いられることもある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざます[助動]
[助動][ざませ・ざましょ|ざまし|ざます|ざます|○|○]名詞、または名詞に準じる語に付く。丁寧に断定する意を表す。…でございます。…です。→ざあます
「私(わちき)やあ、こんなおみくじは嫌ひざます」〈人・梅児誉美・六〉
[補説]「ざます」(動詞、助動詞とも)は、「ざんす」の音変化とも、または、「でござります」の音変化ともいう。江戸後期、主として、江戸吉原で用いられた遊里語。現在も女性語として用いられることもある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざま・す
〘自サ特活〙 (「ざんす」の変化した語) 補助動詞として用いられる。「ある」の意の丁寧語。ございます。
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)後「世話をして上げゑしたのが、私(わちき)のあやまりでざますから」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざます
〘助動〙 (活用は「ざませ・ざまし・ざます・◯・◯・◯」。体言やそれに準ずる語に付く) 「だ」の意の丁寧語。…です。…でございます。江戸末期、江戸吉原の遊女ことば。現代では、上流・有閑階級の女性の上品ぶった語として使用される。
※新内・里空夢夜桜(夜桜)(1761頃)「フウ、おやおや、おやおや、さうざますかえ。それはまあお仕合せ」
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)初「またお長さんのことざますか」
[語誌](1)天保頃(一八三〇‐四四)に江戸吉原の遊女ことばとして発生・普及したとされるが、語源に関しては二説ある。「ます」の盛行により「おざんす」から「ざんす」を経て「ざます」となったとする説と、「ござります」からの転訛とする説とである。
(2)「春色梅児誉美」以降、人情本中に用例を多くみるが、使用者は大半が「おいらん」で、次いで「しんぞう」というように限られている。また、「ざます」は「ざんす」「ざあす」「おざんす」等と並行して使われており、待遇上の区別は見いだし難い。
(3)天保末年には「なます」とともに江戸吉原の遊女ことばの代表となり、「安愚楽鍋‐二」で花魁が使用しているところから、明治初年頃まで専ら遊女によって使用されたと見られるが、その後インテリ女性が好んで用いるようになり、現代の女性語「ざあます」につながる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざます」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ざますの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation