@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

しきせ

日本大百科全書(ニッポニカ)

しきせ
しきせ / 仕着・為着
使用人に季節に応じて衣服を支給すること。四季施(しきせ)から生じた名称ともいう。一般には盆・正月の2回、新しい衣服を与える所が多く、東北地方ではこの着物をセツとよんでいる。セツギモノ(節着物)の略で、年の折り目に着る晴れ着だったのである。岐阜県白川村では年1回、盆の日に家族一同にナツギという衣服を支給する習慣があったが、これは一家の主婦のだいじな役目であった。大阪などでは、しきせはかならず新しいもので、ソブツとよんでいる。また大阪地方では晴れ着もソブツとよんでいるが、いずれも贈物(ぞうぶつ)という語からの転用であろう。季節に応じて衣服を給付される習俗は平安時代からあり、これを時服(じふく)とよんでいる。のちには、現物ではなく、「しきせ代」として金銭が支給されることもあった。[鎌田久子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しきせ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

しきせの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation