@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

しっとと【シットト】

デジタル大辞泉

しっと‐と
[副]《「しとと」の音変化》
物を押さえつけたり、たたきつけたりするさま。ぴしっと。
「すっぱと切っては、―打ち付け」〈虎明狂・鱸庖丁
物と物とが密着しているさま。ぴったりと。しっかりと。
「要もと―してと云ふも此の要」〈虎寛狂・末広がり
男女間の情のこまやかなさま。しっぽりと。
「―逢ふ瀬の波枕」〈浄・油地獄

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しっと‐と
〘副〙
① すき間のないさま、しっかり固着したさまを表わす語。ぴったり。ぴしっ。
※玉塵抄(1563)一八「あをう草のしげった径(みち)に楊花のこまかな白い花がまじってしっととさいたぞ」
※虎明本狂言・鱸庖丁(室町末‐近世初)「いたひきよせてすっはときって、しっととうちつけ」
② むつまじいさま、情のこまやかなさまを表わす語。しっぽり。しんみり。
※史記抄(1477)一一「両方互に知り合て、心得てしっととなるぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しっとと」の用語解説はコトバンクが提供しています。

しっととの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation