@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

しゃんす【シャンス】

デジタル大辞泉

しゃん‐す[名]
《「相思」の唐音から》(長崎地方で)恋人。情人。
「あんたの―は神変(じんべん)来たばいな」〈民謡・ぶらぶら節〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃんす[助動]
[助動][しゃんせ|しゃんし|しゃんす|しゃんす|しゃんすれ|しゃんせ]《尊敬・丁寧の助動詞「しゃます」の音変化》四段・ナ変動詞の未然形に付いて、丁寧の意を伴った尊敬の意を表す。なさいます。
「明日は疾(と)うから礼に出さしゃんせ」〈浄・油地獄
[補説]主として近世期、上方で遊里を中心に行われた女性語。→さしゃんすさんす

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゃんす
〘助動〙 (活用は「しゃんせ・しゃんし・しゃんす・しゃんす・しゃんすれ・しゃんせ」→語誌。「しゃます」の変化した語) 尊敬の意を表わす。江戸時代、上方を中心に、遊里の女性が主に用いた。四段・ナ変動詞の未然形に付き、「見る」「寝る」など語幹が単音節の一・二段活用動詞には「や」を介して付く場合がある。さしゃんす。
※歌舞伎・金岡筆(1690)二「ちとかたってきかさしゃんせ」
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)上「おちの人の背中をとんとんとぶたしゃんして」
[語誌](1)「浄・難波丸金鶏‐天満老松町」に「きりきり渡してやらしんし」、「伎・三十石艠始‐二幕」に「やる事はなりませぬ、なぜといはせんせ」など、命令形に「しゃんせ」から変化したものと思われる「しんし」「せんせ」の例が見られる。
(2)成立については、「しゃります」の転訛とする説、語源を「しやる」(町屋の女性語)と想定し、遊女語「しやんす」から「んす」、町屋の女性語「しやります」から「しやます」が各々派生したとし、敬意の文末を示す「んす」が便宜的に作られて添加されたと見る説などがある。
(3)語の消長については、「しゃんす」と「んす」はともに元祿期を中心に、浄瑠璃、歌舞伎脚本集などに見られるが、元祿を過ぎた頃から次第に「しゃんす」は姿を消していき、「んす」が多用される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃんす」の用語解説はコトバンクが提供しています。

しゃんすの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation