@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【シ】

デジタル大辞泉

し[五十音]
五十音図サ行の第2音。硬口蓋の無声摩擦子音[ʃ]と母音[i]とから成る音節。[ʃi]
平仮名「し」は「之」の草体から。片仮名「シ」は「之」の草体の変化したもの。
[補説]「し」は、古くは[tsi](あるいは[ʃi][tʃi])であったかといわれる。室町時代末にはすでに[ʃi]であった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し[助動]
[助動]《尊敬の助動詞「しゃる」の命令形「しゃれ」が「しゃい」となり、さらに「せえ」「し」と音変化したもの。近世語》四段動詞の未然形に付く。軽い尊敬を含んだ命令を表す。…なさい。…たまえ。→さっし
「ここを一番聞かっ」〈滑・浮世床・初〉
[補説]上接の動詞と「し」との間に促音を添加して、「っし」の形で用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し[助動]
[助動]過去の助動詞「き」の連体形。
「しかしか、さはべりことなり」〈大鏡
[補説]現代語では、「ありし日」「若かりしころ」などの慣用的な表現で用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し[接助・副助・間助]
[接助]活用語の終止形に付く。
前に述べる事柄が、後に述べる事柄と並列的、対比的な関係であることを表す。「御飯も炊ける、味噌汁も作れる」「成績はよくもない、悪くもないといったところだ」
前に挙げた事柄を原因・理由として下の事柄に続ける意を表す。から。ので。「身体はじょうぶです、もっと働けます」「家も近いんだ、たまには寄れよ」
(終助詞的に用いて)一つの事実・条件を言いさし、結論を言外に暗示する意を表す。「旅行はしたいけれども、暇はない」「せっかく出場させてもエラーはする
(「…まいし」の形で)相手を軽んじたり、詰問したりする意を表す。「子供のけんかじゃあるまい」「人ごとではあるまい、まじめに考えなさい」
[補説]近世以降用いられ、おもに打ち解けた対話に用いられる。
[副助]名詞、活用語の連体形および連用形、副詞、助詞などに付いて、上の語を強調する意を表す。
「から衣きつつなれにしつま―あればはるばるきぬる旅を―ぞ思ふ」〈伊勢・九〉
[補説]上代に多く用いられ、中古以降は「し…ば」の形、または「しも」「しは」「しぞ」のように他の助詞と複合した形で用いられる。
[間助]《上代語》多く「やし」「よし」の形で、詠嘆を表す。
「よしゑや―直(ただ)ならずともぬえ鳥の心泣(うらな)け居りと告げむ子もがも」〈・二〇三一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

五十音図サ行第二段の仮名。硬口蓋摩擦音の無声子音と前舌の狭母音とから成る音節。
平仮名「し」は「之」の草体。片仮名「シ」は「之」の草体の変形。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

植物ギシギシの古名。 和名抄

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人を制して沈黙させるときなどに発する語。しい。しっ。 -、静かに!
牛馬を進ませたり、邪魔なものを追い払ったりするときに発する語。しい。しっ。 -、あっちへ行け
(狂言で)呼びかけの言葉。 是に言葉をかけう、-、-、申し/狂言・餅酒

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

過去回想の助動詞の連体形。若かりし時など現代語では慣用的な言い方としてのみ用いられる
助動

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尊敬の助動詞しゃるの命令形
っし助動

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上代語。尊敬の助動詞の連用形
助動

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

接助
活用語の終止形に付いて、前後の句を接続する。強調の気持ちをこめて、並列・順接・逆接などの関係で下に続ける働きを示す。
事実や条件を並べて示し、強調する。 しゃべっている人もいない-、横を向く人もいない むし暑い-、風はない-、まったく参った
一つまたは二つ以上の事実や条件を示し、それがあとの事柄(結果・判断)の原因・理由となっていることを表す。 お金はある-、時間はある-、映画でも見よう 家も近くです-、また参ります
文末にあって、事実・条件を言いさし、それから導かれる結果・判断を言外にひびかせて表す(終助詞的な用法)。 ああ面白かった。席もすいていた-ね
相反する条件・事柄を並べたてる。 遊びには行きたい-、暇はない-、面白くない
(打ち消し推量の助動詞「まい」に付いて)逆接条件を表す。…ものを。…のに。 子供でもあるまい-、飴玉をくれるとはね この助詞は、中世から見られる形容詞の終止形による接続用法から、その語尾が遊離・独立して成立した。近世以降多く用いられるようになった
副助
指示語の転という 文中にあって種々の語に付き、上の語の意味を指示・強調する。 宇治のみやこの仮廬かりいお-思ほゆ/万葉集 7 うらうらに照れる春日にひばり上がり心悲しもひとり-思へば/万葉集 4292 ほのぼのと明石の浦の朝霧に島がくれゆく舟を-ぞ思ふ/古今 羇旅 ありと-ある人は皆浮雲の思ひをなせり/方丈記
間投助
詠嘆の意を表す。間投助詞「や」「よ」の下に重ね用いられることが多い。 はしきよ-我家わぎえの方ゆ雲居立ち来も/日本書紀 景行
(感動詞や他の間投助詞とともに用いられて)語調を調え、囃子詞はやしことばを構成する。 今はよ今はよああ-やを今だにも吾子よ今だにも吾子よ/日本書紀 神武

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


五十音図第3行第2段の仮名。平仮名の「し」は「之」の草体から、片仮名の「」も「之」の草体の変形からできたものである。万葉仮名では「之、芝、子、次、志、思(以上音仮名)、僧、石、磯、爲(以上訓仮名)」などが清音に使われ、「自、士、仕、司、時、耳、珥(以上音仮名のみ)」などが濁音に使われた。ほかに草仮名としては「(志)」「(新)」「(斯)」などがある。
 音韻的には/si/(濁音/zi/)で、歯茎と硬口蓋(こうこうがい)の中間と舌との間で調音する無声摩擦音[](有声破擦音[d])を子音にもつ。ジとヂとは、室町時代ころから混同され始め、今日では、東北や出雲(いずも)地方、四国・九州の一部などを除いて、合一してしまっている。[上野和昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

〘感動〙
① 騒々しさを制止し沈黙させるためにいう語。しい。しっ。
② 牛馬、禽獣などを追う時に発する語。しい。しっ。
随筆・卯花園漫録(1809)一「牛馬を追ひ又留るに、シ、ドウといふ。シといへば走り、ドウといへばとどまる也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[1] 〘副助〙 指示して強調する。
[一] 用言へ続く語に下接する場合。→補注(1)。
① 単文中の用言へ続く語(体言、体言に助詞の付いたもの、活用語の連用形連体形、副詞)に下接する場合。→補注(2)。
※古事記(712)上・歌謡「赤玉は 緒さへ光れど 白玉の 君が装(よそひ)(シ) 貴くありけり」
※万葉(8C後)三・四三三「葛飾の真間の入江にうちなびく玉藻苅りけむ手児名(シ)思ほゆ」
② 順接条件句中の用言へ続く語に下接する場合。「…し…ば」の形になる。→補注(3)。
※万葉(8C後)四・七二三「かくばかり もとな(シ)恋ひば 古郷(ふるさと)に この月ごろも ありかつましじ」
※土左(935頃)承平四年一二月二七日「おのれさけをくらひつれば」
③ 同じ動詞などを重ねる場合。
※東大寺諷誦文平安初期点(830頃)「世の中に生(いきと)生きぬる人は父母の恩を蒙らずといふこと无し」
[二] 文中の体言に下接して、全体で体言的に用いられる場合。格助詞「の」などに続く。→補注(4)。
※万葉(8C後)一一・二六二八(一書歌)「古の狭織の帯を結び垂れ誰(シ)の人も君にはまさじ」
[2] 〘間投助〙 →補注(5)。
① 文中の、主として体言に続く語、まれに用言に続く語に下接する場合。詠嘆を表わす。間投助詞の「や」または「よ」の下に重ね用いられることが多い。
※古事記(712)中・歌謡「はしけや(シ) 我家(わぎへ)の方よ 雲居立ち来も」
※書紀(720)景行一七年三月・歌謡「はしきよ(シ) 我家の方ゆ 雲居立ち来も」
② 囃詞(はやしことば)を構成する場合。感動詞や、他の間投助詞とともに用いる。
※古事記(712)中・歌謡「後妻(うはなり)が 肴(な)乞はさば 柃(いちさかき) 実の多けくを 許多(こきだ)ひゑね ええ (シ)やご(シ)や こはいのごふぞ ああ (シ)やご(シ)や こは嘲笑(あざわら)ふぞ」
※書紀(720)神武即位前戊午・歌謡「今はよ 今はよ ああ(シ)やを 今だにも 吾子よ 今だにも 吾子よ」
[3] 〘接助〙 前後の句を接続する。
① 打消の「ず」および形容詞の連用形に下接する場合。
※幸若・大織冠(室町末‐近世初)「大しゃのおっかけし時かたなをふると見えしはふせかむためになく、玉をかくさむ其ためにわかみをかいしけるかとよ」
② 活用語の終止形に下接する場合。並列、順接、逆接などの関係において接続する。古いものほど助動詞「う」「まい」を受ける場合が多い。
※虎明本狂言・富士松(室町末‐近世初)「路次すがら付合をして、付たらば松を取まい、ゑ付ずは松をとらふ」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉三「無理やり引ぱられる、酒には酔ってる
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉「盆を持って給仕をしながら、やににやにや笑ってる。失敬な奴だ。顔のなかを御祭りでも通りやしまい
[4] 〘終助〙 軽く念をおす。終止した文に下接する。
※滑稽本・穴さがし心の内そと(1863‐65頃)初「みな受取取って戻るのや、よいかえ」
[補注](1)(一)(一)の場合、「し」の下に重ね用いられる助詞は係助詞に限られる。
(2)(一)(一)①の場合の述語用言は「顕はる」「あり」など自然な出現に関わる動詞、自発の「ゆ」を伴う動詞、感情形容詞、推量の助動詞、情意性の強い終助詞「かも」などを伴うことが多い。こうした事実から、「し」は、物事を自然のなりゆきとして受けとめる語とする説(大野晋)がある。
(3)「古事記」「万葉集」では、逆接条件句中には用いられない。
(4)(一)(二)の確実例は挙例「万葉‐二六二八」のみである。
(5)(二)は指示性が稀薄で強調の意が強いところから、これらの用法を副助詞とせず、間投助詞とする考え方もあり、本書ではこの考え方に従った。
[語誌](1)((一)について) (イ)語源については指示語の「し」であるといわれる。(ロ)上代では多様に用いられていたが、(一)の用法で、上または下に他の助詞を重ね用いる場合、「しも」を除き、極めて用法が固定している。すなわち「しか」「しこそ」「しは」「をしも」はそれぞれ「いつしか・なにしか」「うべしこそ・かくしこそ」「時しはあらむを」「をしも…み」の形のみをとり、「のみし」「をし」はそれぞれ「ねのみし泣かゆ」「をし待たむ」の形が多いなど。(ハ)中古以後、(一)①の用法では係助詞を下接させる例、(一)②の用法の例がほとんどすべてを占めるようになり、特に後者の例が多い。訓点資料でも、中古初期のものには上代と同様の用法が見られるが、以後固定化していき、「ただし」「なほし」のように語の構成要素として残る。(ニ)上代において宣命には(一)②の用法はなく、「古事記」「日本書紀」にもそれぞれ三例・二例と少ない。(ホ)中世になると、「し」は単独ではほとんど用いられなくなり、(一)②の型を破る例も現われる。
(2)((三)について) 語源については、形容詞終止形による接続用法から、その語尾「し」が遊離独立して生じたものと考えられ、中世から見られる。①は、中世から近世初期の文語調の文に用いられる。②は、近世以後の用法で会話文に多い。
(3)((四)について) 語源については、指示語とかかわりがあると考えられる。近世末、上方の女性語として現われ、江戸語でも娼妓用語として呼びかけで用いられる。これは、今日でも方言として広く分布している。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〘接尾〙
[1] (形容詞ク活型活用) 名詞や種々の語構成要素に付いてク活用形容詞をつくる。そのような性質を有している意を示す。「赤し」「固し」「執念(しゅうね)し」など。
[2] (形容詞シク活型活用) ⇒しい〔接尾〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

(尊敬の助動詞「しゃる」の命令形「しゃれ」が「しゃい」となり、さらに「せえ」となり「し」と変化したもの) 江戸の語。対等程度の相手に対する命令を表わし、敬意はほとんどない。四段動詞の未然形に促音「っ」を介して付き、その他の活用には「さっし」が用いられる。
※赤本・五百八十七曲(18C前)「長松どの、それひろわっし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

(サ変動詞「する」の連用形) ⇒自動詞サ変「する

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

(上代語の尊敬の助動詞「す」の連用形) ⇒助動詞「す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

(過去(回想)の助動詞「き」の連体形) ⇒助動詞「き」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

しの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation