@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

じっと【じっと】

大辞林 第三版

じっと
スル
凝視するさま。つくづく。 -見まもる
我慢するさま。耐えるさま。 -痛さをこらえる
動かずにいるさま。 -立っている
力をこめるさま。ぎゅっと。 昆陽野こやのの宿の遊女が、袖を-控いて/狂言・茶ぐり 天正本

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じっ‐と
〘副〙
① 体を動かさないで静かにしているさまを表わす語。
※申楽談儀(1430)よろづの物まねは心根「舞止むる時の扇は、〈略〉じっと止むる也」
② 力をこめて押したり引いたり締めつけたりなどするさまを表わす語。ぎゅっと。
※六物図抄(1508)「四鉢を取てかさねて左手に置て右手にてじっとをし合」
③ がまんしながら静かにしているさま、堪え忍んでいるさまを表わす語。
※土井本周易抄(1477)三「地の中へはいってじっと止息してをるぞ」
④ 深く静かに考えこむさまを表わす語。つくづく。つらつら。よくよく。
※大学垂加先生講義(1679)「これをかうせふずとぢっと心に覚悟するところ、意思などと云義にて、力の入る思入なり」
⑤ 視線をそらさないで、物をよく見つめるさまを表わす語。つくづく。
※玉塵抄(1563)八「帝の左右の臣をじっとみていわしむたぞ」
[補注]かなづかいは、古くは「じっと」が多く、江戸期から明治にかけて「ぢっと」も多くなる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じっと」の用語解説はコトバンクが提供しています。

じっとの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation