@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

じゃあ【ジャア】

デジタル大辞泉

じゃあ[接]
[接]接続詞「じゃ」に同じ。「みんなそろったか、じゃあ出掛けよう」「じゃあ、また明日」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゃあ[感]
[感]呼びかけた相手の返事が否定的であるときに発する、狂言特有の語。何じゃ、だめか。
「そこもとに末広がりは御ざらぬか。―。ここもとには無いさうな」〈虎寛狂・末広がり

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゃあ[連語]
[連語]連語「じゃ」に同じ。「こんな事じゃあ困る」「死んじゃあおしまいだ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じゃあ
接続
ではの転。じゃとも
それでは。 -、行ってきます -、さようなら
そういうことならば。それならば。 -、ぼくが行くでは接続では連語

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゃあ
驚いた時などに発する語。やあ。 なうなう、そこもとに末広がりはござらぬか。-。ここもとには無いさうな/狂言・末広がり 虎寛本

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゃあ
連語 ではの転。じゃとも
断定の助動詞の連用形、または形容動詞の連用形語尾に係助詞の付いたではから では(連語)
に同じ。 冗談じようだん-ない あまり静か-ないね
接続助詞が撥音便の関係でとなったものに係助詞の付いたではから では(連語)
に同じ。 いくらお金をためても死ん-何にもならない
格助詞に係助詞の付いたではから では(連語)
に同じ。 やかましくて、ここ-話もできない 坂道ばかりで自転車-とても大変だ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゃあ
〘副〙 (多く「と」を伴って用いる) 水などが勢いよく流れる音を表わす語。じゃあじゃあ。しゃあ。
※倫敦消息(1901)〈夏目漱石〉一「瓶の水をジャーと金盥の中へあけて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゃあ ぢゃあ
〘接続〙
※怪談牡丹燈籠(1884)〈三遊亭円朝〉一三「『能(よ)く人の楽しみを止める奴だ、止めるな』『ジャア今晩遣って仕舞ます』」
※寂しければ(1924‐25)〈久保田万太郎〉水の上「発車の信号が鳴りはじめました。『たのむよ、ぢゃア…』『ええ』わたしはこたへて、『ぢゃア、まア、行っていらっしゃいまし』」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゃあ ぢゃあ
〘感動〙 =じゃ〔感動〕
※虎寛本狂言・末広がり(室町末‐近世初)「其当りにすゑひろがりは御ざらぬか。ジャア。ここもとにも無いさうな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゃあ ぢゃあ
[1] (断定の助動詞「だ」の連用形「で」、または、形容動詞の連用形語尾「で」に係助詞「は」の付いた「では」の変化したもの) …では。じゃ。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「お夏さんお夏さん、ヲヤ、さうじゃアなかった」
[2] (格助詞「で」に係助詞「は」の付いた「では」の変化したもの) …では。じゃ。
※洒落本・奴通(1780か)「もちろん引きずなんざア、おらが宗旨じゃア用ひねへ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゃあ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

じゃあの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation