@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

じゃばら

朝日新聞掲載「キーワード」

じゃばら
北山村が原産で、ユズカボスの仲間の柑橘類。「(気)をはらう」の味からこの名がつけられた。近年花粉症に効果があるとして果汁が通信販売などで高く売られている。
(2008-05-09 朝日新聞 朝刊 三重全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

事典 日本の地域ブランド・名産品

じゃばら[果樹類]
近畿地方、和歌山県の地域ブランド。
主に東牟婁郡北山村で生産されている。じゃばらとは、柑橘類の一種かたちに似ているが柚よりも果汁が多い。北山村では昔から料理に使われていた。原木が北山村に自生していたことから、1980(昭和55)年に本格的な栽培が始まった。その名は、邪をはらう意で名づけられたという。疲労回復に役立つビタミンカロチンが含まれる。近年は加工品の開発が積極的におこなわれている。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゃばら」の用語解説はコトバンクが提供しています。

じゃばらの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation