@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

じゃんがら念仏【じゃんがらねんぶつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

じゃんがら念仏
じゃんがらねんぶつ
福島県いわき市を中心に行なわれている念仏踊。8月13~15日に,新盆の家々を回って踊る。踊り手は,ゆかたにはちまき,しろだすきに手甲,白足袋姿の若者で,弓張ちょうちん 1人,太鼓打ち 3人,叩き(鉦きり)10人前後で構成される。ちょうちんを先頭に庭に入り,棚に一礼したあと,一列に並んだ太鼓打ちを鉦叩きが取り囲むような陣形を組んで,約 20分かけて踊る。「ハーハイモーホーホーイ,ワーハーハーイ,メーヘーヘーグ」などと唱えたあとに,歌に合わせて合掌するような所作を含む「念仏」や,かけ声とともに鉦と太鼓を激しく打ち鳴らして踊る「ぶっかけ」などの踊りがある。江戸時代末までは,女装,男装,裸やさまざまな仮装の男女が入り乱れて夜更けまで踊ったり,野卑な歌がうたわれていたことが知られている。踊りの起源については,江戸時代初期,土地出身の祐天上人が南無阿弥陀仏名号を歌に織り込んで布教のために始めたとも,17世紀の中頃に,用水を建設して農民たちを救った沢村勘兵衛の霊を慰めるために,当時江戸ではやっていた泡斎念仏をもとにして踊ったのが始まりとも伝えられる。「じゃんがら」という名は,鉦と太鼓の音からきていると考えられる。同名の念仏踊に長崎県平戸市の「ジャンガラ」がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゃんがら‐ねんぶつ【じゃんがら念仏】
福島県いわき市付近一帯で、8月15日ごろに行われる民俗芸能念仏踊り一種で、につけた太鼓を打つ数人を中にして、鉦(かね)を打つ数人が円陣をつくって踊る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じゃんがらねんぶつ【じゃんがら念仏】
福島県いわき市を中心に盆に行われる芸能。鉦と太鼓の踊り、念仏歌による手踊りなどがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゃんがら‐ねんぶつ【じゃんがら念仏】
〘名〙 福島県いわき市付近の民俗芸能の一つ。江戸時代に浄土宗の祐天上人が布教の方便にはじめたと伝え、盆に屋外で、または新盆の家を回って踊られる念仏踊り。鉦(かね)と太鼓に笛を用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゃんがら念仏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

じゃんがら念仏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation