@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

じゃん拳【じゃんけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

じゃん拳
じゃんけん
ともいう。片手の5指で,,はさみを形づくって勝負を争う子供の遊戯中国から伝わった本拳から生れたものといわれる。1回で勝負を決するもの,3度続けてやる (三じゃん) ものなどがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゃん‐けん
[名](スル)片手で、石(ぐう)・紙(ぱあ)・はさみ(ちょき)のいずれかの形を同時に出し合って勝負を決めること。また、その遊び。石ははさみに、はさみは紙に、紙は石に勝つ。石拳(いしけん)。じゃんけんぽん。→拳(けん)2
[補説]「両拳」の中国語音からともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゃんけん【じゃん拳】
拳の一種。〈石拳〉ともいう。中国から伝わった本拳から生まれたものと思われる。片手の5指を使った石(握ったもの),紙(5指を全部開いたもの),はさみ(人差指中指または親指をのばしたもの)の三つで勝負を争う子どもの遊戯。石をグウ,紙をパラリあるいはパア,はさみをチョキまたはポキといって,石ははさみに勝ち,紙は石に勝ち,はさみは紙に勝つ。方法は1度で勝負を決するもの,3度つづけてする〈三じゃん〉などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゃんけん【じゃん拳】
スル
二人以上の人が片手で石(ぐう)・はさみ(ちょき)・紙(ぱあ)の形をつくり、どの形を出したかで勝負を決めること。また、その遊び。石ははさみに、はさみは紙に、紙は石に勝つ。いしけん。じゃんけんぽん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゃん拳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

じゃん拳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation