@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

じわじわ【ジワジワ】

デジタル大辞泉

じわ‐じわ
[副]
物事がゆっくりと確実に進行するさま。「借金がじわじわ(と)増える」
液体が少しずつしみ込むさま。また、にじみ出るさま。「汗がじわじわ(と)にじみ出る」「汚染がじわじわ(と)広がる」
[名]じわ」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

じわじわ
春日井製菓株式会社が販売するキャンディの商品名。グレープフルーツメロン、サイダー味の炭酸風味のキャンディ。コーラ味もある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じわ‐じわ
[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① ゆっくりと少しずつ物事が進んでゆくさま、また、物事を進めてゆくさまを表わす語。
※交隣須知(18C中か)三「爨 ヒ タクコトヲ ジワジワシテ」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉犬物語「一と目見てお誂へ通り恋風がジワジワと身に染込んだ」
② しめり気などで、だんだん寒さが身にしみてくるさまを表わす語。
※俳諧・雑談集(1692)下「足入て洗ふも白き餠の米〈普船〉 しわしわ寒く雪に成雨〈仙化〉」
③ 汗、涙などが少しずつにじみ出るさまを表わす語。
※疑惑(1913)〈近松秋江〉「心地の悪い汗がジワジワと滲み出てきて」
④ 物がしなったり、へこんだりするさまを表わす語。
※旅日記から(1920‐21)〈寺田寅彦〉一「輿を支へる長い棒がじわじわしなって居た」
[2] 〘名〙 劇場などの客席におこるざわめき。多く、場面が最高潮に達したあと、または役者の演技の妙に打たれたあとの、拍手やほめことばにならないざわめきにいう。転じて、他にしみじみとした感銘を与えること。じわ。
※洒落本・御膳手打翁曾我(1796か)「いふほどの事がじわじわ〈とは芝居通言しろうとにて当りおちがくるといふ事〉で」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じわじわ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

じわじわの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation