@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

すさみケンケン鰹(かつお)

デジタル大辞泉プラス

すさみケンケン鰹(かつお)
和歌山県西牟婁郡すさみ町▽において「ケンケン漁」と呼ばれるトローリング漁法一種により水揚げされたカツオ。地域団体商標。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

すさみケンケン鰹[水産]
すさみけんけんかつお
近畿地方、和歌山県の地域ブランド。
和歌山県西牟婁郡すさみ町においてケンケン漁法により水揚げされた(生きているものを除く)。船の左右に伸ばした竿に数本の釣糸をつけ、船を走らせながら釣糸を引いていく独特の漁法が、ケンケン漁。ケンケン漁で釣りあげられた鰹は、すぐ活け締めにして血抜きをし、水氷に入れ、沖合いから短時間で市場へと運ばれる。鮮度保持に優れている。2006(平成18)年12月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5010147号。地域団体商標の権利者は、すさみ漁業協同組合。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すさみケンケン鰹(かつお)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

すさみケンケン鰹(かつお)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation