@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

すさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

すさ
寸莎とも書き,「つた」ともいう。左官工事で,塗壁材料に混入する繊維質のつなぎ材。乾燥後の収縮による壁のひび割れを防止する。麻,わら,紙などの植物繊維,石綿などの無機質繊維,日本では普通使わないが,獣毛などの動物繊維のものもある。使用場所によって違うが,わらすさは日本壁用で,稲わらを切って,壁土とこね合せる。荒すさ,もみすさ,みじんすさなどがある。浜すさは地引網漁具などの麻縄の廃品でつくったもの,南京すさはジュート麻袋をほぐしてつくったもので,ともに漆喰やプラスター壁に使う。紙すさも日本壁用で,昔は大福帳の古紙などを使ったが,いまは和紙の裁ち屑を使う。また油すさは,菜種油などをしぼるとき使用した麻袋の廃品をほぐしてつくったもので,屋根漆喰や外部土壁の漆喰塗りに使う。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すさ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

すさの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation