@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

すす紋病(ソルガム・スーダングラス)

飼料作物病害図鑑

すす紋病(ソルガム・スーダングラス)
冷涼地での代表的な斑点性の糸状菌病。開花期前後から発生し、周縁部紫褐色、中心部灰白色、長さ2〜10cm、幅0.5〜1cm程度の紡錘形病斑を形成する。後に病斑が融合し、葉全体が灰色から紫色に枯れ上がる。病斑は古くなると、胞子が形成されて中央部が黒くかび、これが飛散してまん延する。比較的低温条件で多発し、特に開花期前にまん延すると収量への影響が大きくなる。病原菌は寄生性が分化しており、一般的にはトウモロコシのすす紋病菌はソルガムを侵さない。

出典:畜産草地研究所

すす紋病(ソルガム・スーダングラス)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

すす紋病(ソルガム・スーダングラス)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation