@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ずいずいずっころばし【ズイズイズッコロバシ】

デジタル大辞泉

ずいずい‐ずっころばし
子供の遊びの一。一人が鬼となり、他の者たちに握りこぶしを出させ、「ずいずいずっころばし、ごまみそずい…」と歌いながら順々に指先でつついていき、歌の最後に当たった者を次の鬼とする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ずいずいずっころばし
日本の唱歌題名。日本のわらべうたに基づく。起源は江戸期とも明治期ともされる。発表年不詳。2007年、文化庁と日本PTA全国協議会により「日本の歌百選」に選定

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ずいずいずっころばし

子供の遊びの一つ。いまでは、鬼ごっこなどで他のものをつかまえる役である鬼を決める際には、おおかた「じゃんけん」で決めるが、昔は鬼きめのことばというのがあって、ずいずいずっころばしもその一つである。みんなが両手の握りこぶしを出していると、円陣の中に入った鬼が「ずいずいずっころばしごまみそずい、茶壺(ちゃつぼ)におわれてとっぴんしゃん、ぬけたらどんどこせ、俵のネズミが米食ってちゅう、ちゅうちゅうちゅう、おっとさんがよんでもおっかさんがよんでも行きっこなあしよ、井戸のまわりでお茶碗(ちゃわん)かいたのだあれ」と歌いながら一つずつ数えていき、唱え言の最後に当たった者が鬼に決まるという方法もあった。

 唱え言の詞(ことば)は、地方によってすこしずつの差はあるが、「ずいずいずっころばし」は江戸時代から用いられていたらしい。

[高野 修]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ずいずい‐ずっころばし
〘名〙 児童の遊戯の名。また、その時に歌うわらべ歌。円陣の中にはいった鬼が「ずいずいずっころばし胡麻味噌ずい、茶壺に追われてとっぴんしゃん、抜けたらどんどこしょ、俵の鼠が米喰ってちゅう、ちゅうちゅうちゅう、おっとさんが呼んでもおっかさんが呼んでも行きっこなあしよ、井戸のまわりでお茶碗欠いたのだあれ」と歌いながら皆が出しているにぎりこぶしをさしていき、歌の最後に当たった者が新しい鬼になるあそび。〔東京風俗志(1899‐1902)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ずいずいずっころばし」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ずいずいずっころばしの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation