@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ずから【ズカラ】

デジタル大辞泉

ず‐から〔づ‐〕
[接尾]
人の心・身体などを表す語に付いて、そのもの自身という意を表す。…で。…から。…のまま。「おのずから」「みずから」「口ずから
人間関係を表す名詞に付いて、その関係にある意を表す。
「拙者ためには従弟―なるが」〈浮・伝来記・二〉
人の動作を表す名詞に付いて、その動作をもってという意を表す。
「むむ神詣でか、徒歩(かち)―殊勝殊勝」〈浄・安達原

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ずから
接尾
助詞に名詞からの付いたものから
からだまたはその一部分を表す名詞に付いて、直接それを使って、…自身で、…によって、などの意を表す。 手-植樹された 口- み-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ず‐から づ‥
〘語素〙 (もと、助詞「つ」に名詞「から」の付いたもの)
① 人、または人間の部分を表わす名詞に付いて、そのもの自身を源とする意を示す。そのままで副詞的に用いることが多い。…のまま、…から、…で。「おのずから」「みずから」など。
※万葉(8C後)五・八一三「海(わた)の底 沖つ深江の 海上(うなかみ)の 子負(こふ)の原に 御手豆可良(ヅカラ) 置かし給ひて」
※紫式部日記(1010頃か)寛弘五年一二月三〇日「恥もわすれてくちつからいひたれば」
② 人間関係を表わす類の名詞に付いて、その関係にある者の意を示す。副詞的にも用いる。
※浮世草子・好色産毛(1695頃)五「おもひがけなき文つけられて、隣づからの親々の手まへ如何ながら」
③ 人の動作を表わす名詞に付いて、その動作をもって、の意を表わす。
※浄瑠璃・奥州安達原(1762)三「ムム神詣(かみまうで)か、徒歩(かち)づから殊勝々々」
[補注]「ず」は連体の助詞「つ」であるが、「ずから」については古くから濁音だったようである。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ずから」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ずからの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation