@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ずし

精選版 日本国語大辞典

ずし【途子・図子・辻子】
〘名〙 (歴史的かなづかいは未詳)
① 中世・近世の都市において、大路と大路を連絡する小路をいう。こみち。また、その道を中心とした地域、町。〔名語記(1275)〕
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)六「此所の辻子(ヅシ)へふたりをつれてゆく」
② 都市において、十字の街頭をいう辻(つじ)のこと。
※長秋記‐天永四年(1113)八月一一日「自二条支辻子北行、自中御門末西行」
③ 近世都市において人家の密集する一画をいう町のこと。〔雍州府志(1684)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ずし」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ずしの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation