@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ずば抜【ずばぬける】

精選版 日本国語大辞典

ずば‐ぬ・ける【ずば抜】
〘自カ下一〙
① ふつうの程度よりも、ずっとすぐれる。群を抜く。
※仮名草子・ぬれぼとけ(1671)上「星の親ぢのずばぬけしを、見るより見性したまいて、三世・浄土をぶったてて、仏道なりと名をつけて」
※茶話(1915‐30)〈薄田泣菫〉独帝への進物「まあ、貴方のはずば抜(ヌ)けて大きいわね」
② 言いにくいことなどを、ずばりと言う。
※くれの廿八日(1898)〈内田魯庵〉四「と斯うずばぬけて打出されると」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ずば抜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ずば抜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation