@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ずぶずぶ【ズブズブ】

デジタル大辞泉

ずぶ‐ずぶ
[副]
水や泥などに深く沈むさま。「足が雪の中にずぶずぶ(と)めり込む」
柔らかい物の中へ深く突き入るさま。「針をずぶずぶ(と)刺す」
ひどく酔っているさま。
「―酔うた足もと見とがめられては」〈浄・寿の門松
[形動]水分をたっぷり吸い込んでいるさま。「ぬれてずぶずぶな(の)ズック靴」
[アクセント]ブズブ、はズブズブ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ずぶ‐ずぶ
[1] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる。「づぶづぶ」とも表記した)
① 水やどろ沼などに沈みこむさまを表わす語。
※虎寛本狂言・丼礑(室町末‐近世初)「ヱイヱイヤットナ。どんぶり。づぶづぶづぶ。をを、其当りは深さうな」
※田舎教師(1909)〈田山花袋〉一二「昨日の雨に路の悪くなってゐるところがあった。低い駒下駄はズブズブ入った」
② 柔らかいものを、さし貫いたり切ったりくずしたりするさまを表わす語。
※日蓮遺文‐崇峻天皇御書(1277)「猪の子の眼をづぶづぶとささせ給て」
③ 酔いつぶれるさま、泥酔したさまを表わす語。
※浄瑠璃・山崎与次兵衛寿の門松(1718)上「づぶづぶ酔うた足本見とがめられては猶わる口とたぐり」
[2] 〘形動〙
① 雨などに濡れとおるさま。
※判任官の子(1936)〈十和田操〉一「目がさめてお尻の廻りが湯につかってゐるやうに、ずぶずぶになってゐた」
② ひどく酔っているさま。
※江戸から東京へ(1924)〈矢田挿雲〉一一「内裏雛になった五瓶ズブズブに酔っ払ひ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ずぶずぶ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ずぶずぶの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation