@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ずらり【ズラリ】

デジタル大辞泉

ずらり
[副]ずらっと」に同じ。「各界の名士ずらり(と)顔をそろえた」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ずらり
(多く「と」を伴う)多くの人や物が列になって並ぶさま。ずらっと。 お歴々が-(と)居並ぶ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ずらり
〘副〙 (多く「と」を伴って用いる。「づらり」とも表記した)
① 人、物などが多く並び連なるさまを表わす語。
※虎寛本狂言・栗焼(室町末‐近世初)「三十四人の公達へづらりっと進上申て御ざる」
※策伝和尚送答控(1631‐35)「丞殿の鬚かしろ茶を七日よりつみて八日にずらりとそえる」
② すっきりしているさま、背たけの高いさまを表わす語。すらり。
※玉塵抄(1563)四八「は女人のたけずらりとたかうしてみめのよいをと云たぞ」
③ さしさわりなく事が運ぶさまを表わす語。
※大学垂加先生講義(1679)「只かうずらりと読で、何の不審もなう、道に近しと云て、読者の心にすみてあるぞ」
④ ある動きが一連のもののすべてに及ぶさまを表わす語。
※解剖室(1907)〈三島霜川〉「ずらり学生の顔を見廻したものだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ずらり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ずらりの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation