@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ずり応力【ずりおうりょく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ずり応力
ずりおうりょく

任意の立方体からなる弾性体を考え、その下面を固定し、上面を下面に平行に変形させたとき、それをずり変形という。そのとき、物体の上下の面には面に平行な反対向きの力が働いている。これをずりの力という。このとき物体の内部にもずりの力が働いている。一般に物体の内部に面を考え、この面の両側が互いに面に平行な力を及ぼし合っているとき、単位面積当りのこの力をずり応力という。

[和田八三久・西 敏夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ずり応力」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ずり応力の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation