@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ずわい蟹【ズワイガニ】

デジタル大辞泉

ずわい‐がに【ずわい×蟹】
クモガニ科のカニ。甲は丸みを帯びた三角形で表面に突起がある。雄は甲幅約18センチ、歩脚を伸ばすと約1メートルになる。は小形で、セイコガニ・コウバクガニとよばれる。日本海に産し、冬が特に美味。えちぜんがに。まつばがに。 冬》「―茹でる灯靄(もや)の人だかり/其水」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ずわいがに【ずわい蟹】
クモガニ科の海産のカニ。甲は丸みを帯びた三角形で、雄は甲幅15センチメートル、歩脚を広げると80センチメートルに達する。冬、美味。雌は成熟すると成長が止まり、雄の半分ぐらいの大きさで、一年中抱卵する。寒流域に分布。日本海側の重要な水産物。北陸ではエチゼンガニ、山陰ではマツバガニと呼ばれる。雌はセイコガニ・ゼンマル・コウバコガニとも。 [季] 冬。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ずわい‐がに【ずわい蟹】
〘名〙 クモガニ科の大形のカニ。島根県以北の日本海、およびベーリング海、北大西洋北部までに分布し、二〇〇メートルくらいの深さに集団で生活する。雄は甲長約一五センチメートルで、足を左右にのばすと七〇センチメートルぐらいになる。雌は雄の約二分の一。甲は丸みを帯びた三角形で、背面にいぼ状の突起がある。暗褐色または黄灰色。肉はとくに冬季に美味で、北陸地方の重要水産物。雌は、コウバクガニ、セイコガニとも呼ばれる。まつばがに。えちぜんがに。ずわい。《季・冬》

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ずわい蟹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ずわい蟹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation