@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ズ】

デジタル大辞泉

ず[五十音]
」の濁音歯茎の有声破擦子音[dz]と母音u]とから成る音節。[dzu]
[補説]清音「す」に対する濁音としては、本来、歯茎の有声摩擦子音[z]と母音[u]とから成る音節[zu]が相当するが、現代共通語では一般に[dzu]と発音する。しかし、[zu]とも発音し、両者音韻としては区別されない。古くは[ʒu](あるいは[dʒu][dzu])であったかともいわれる。室町時代末には[zu]と発音され、近世江戸語以降[dzu]と発音された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ず[助動]
[助動][ざら|ざり|○|ざる|ざれ|ざれ]活用語の未然形に付き、断定的な否定判断を表す。ない。ぬ。→ざり
「あらたまの年の緒長く逢はざれど異(け)しき心を我が思(も)はくに」〈・三七七五〉
「おろかにそ我は思ひし乎布(をふ)の浦の荒磯の巡り見れど飽かけり」〈・四〇四九〉
「風波やまば、なほ同じ所にあり」〈土佐
「誰もいまだ都なれほどにて、え見つけ」〈更級
[補説]「ず」の活用は「ず」の系列「(ず)・ず・ず・〇・〇・〇」と、「ぬ」の系列「(な)・(に)・〇・ぬ・ね・〇」とからなるが、さらにその不備を補うため、連用形「ず」に動詞「あり」の付いた「ずあり」の音変化形「ざり」系列「ざら・ざり・〇・ざる・ざれ・ざれ」が生じた。未然形「な」と連用形「に」は奈良時代に用いられたが、「ず」は、この「に」に動詞「す」が付いて成立したものという。「な」は、接尾語「く」の付いた「なく」の形で後世にも用いられた。また、中世以降、終止形は「ず」に代わり「ぬ」が用いられるようになり、未然形「ず」は室町時代以降「ずば」の形で用いられた。なお、現代では、連用形「ず」は中止法として主に書き言葉で用いられ、終止形は「べからず」の形で禁止のを表すのに用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

「す」の濁音の仮名。歯茎破擦音(または歯茎摩擦音)の有声子音と後舌の狭母音とから成る音節。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

助動
現代語の打ち消しの助動詞「ぬ」の連用形。 → 助動
ざら ・ずざり ・ず ・ぬざる ・ねざれ ・ざれ
古語の打ち消しの助動詞。 用言およびある種の助動詞の未然形に接続する。打ち消しの意を表す。ない。ぬ。 玉島のこの川上に家はあれど君をやさしみ表はさありき/万葉集 854 京には見え鳥なればみな人見知ら/伊勢 8 朝北の出で来さきに綱手はや引け/土左 秋来ぬと目にはさやかに見えども風の音にぞおどろかれぬる/古今 秋上 (1) この助動詞の活用には(な)・(に)・○・ぬ・ね・○)、ず・ず・ず・○・○・○)、にラ変動詞ありが熟合して生じたざりざら・ざり・(ざり)・ざる・ざれ・ざれ)の三系列がある。これらのうち、の系列が最も古く、次いでの系列があり、のちにはさらにざりの系列が補助活用として生じ、中古以降多く用いられた。 (2) の系列のうち、未然形、連用形は、上代において、ク語法なく飽かに知らにかてにとしてわずかに用いられるだけである。 (3) 中世以降、口語では連体形の終止法が一般化し、現代語の打ち消しの助動詞の活用へと転じていった。また、連用形には、ずしてずてずとずともずになどの連語形が派生してそれぞれ用いられた助動ざりずしてずてずとずともずにずはずばずんば

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

助動 ○ ・ ○ ・ず ・ず ・ ○ ・ ○
推量の助動詞むず(んず)の撥音無表記。また、その中世以降の形うずからの転とも
推量または意志の意を表す。だろう。う(よう)。 其殺さるる時は美しい物を著るよりは只藁草の中に居物をと思ふぞ/蒙求抄 1

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

接頭
種々の語に付いて、並みのことでない、程度が一通りでないの意を表す。 -太い -ぬけている -はずれ 当て字ので書くことが多い

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

〘接頭〙 (「図」「頭」と表記されることが多いがあて字) とびぬけている、度外れているの意を添える。「図横柄」「図抜ける」「図外れ」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

「重みす」→「おもんず」、「空にす」→「そらんず」などの「み」または「に」に融合したサ変動詞「す」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〘助動〙 (活用は「ず・ず・ず・ぬ・ね・○」。補助活用「ざら・ざり・(ざり)・ざる・ざれ・ざれ」。用言およびある種の助動詞の未然形に付く。→語誌) 打消の助動詞。打消の意を表わす。…ない。
※古事記(712)上・歌謡「太刀が緒もいまだ解か受(ズ)て 襲(おすひ)をもいまだ解か泥(ネ)ば」
※万葉(8C後)一五・三七七五「あらたまの年の緒長くあは射礼(ザレ)ど異しき心をあが思(も)はなくに」
※源氏(1001‐14頃)桐壺「この御にほひには、ならび給ふべくもあらざりければ」
※新古今(1205)春上・五五「てりもせず曇りもはてぬ春の夜の朧月夜にしく物ぞなき〈大江千里〉」
[語誌](1)活用として普通に説かれるのは、「ぬ」の系列の活用と、「ず」および「ず」に「あり」が熟合した「ざり」の系列の活用とがあるということである。
(2)「ざり」系は、ラ変型の活用で、上代には例が少なく、形容詞の補助活用と同様に、「ず」の補助活用として中古以降多く用いられた。
(3)「ず」は、終止形のほか、連用修飾法、中止法、また、助詞「て」「は」助動詞「き」「けむ」「けり」等につづく用法があり、連用形、終止形の二形と認められる。成立に関して、「ぬ」の系列の連用形「に」と動詞「す」の結合した「にす」からの変化とみられる。
(4)「ぬ」の系列の活用は未然形としては、上代、いわゆるク語法の「なく」や東国方言の「なふ」の「な」をあてることができ、連用形の「に」は、上代に「しらに」「かてに」などの連用修飾法、また、「万葉‐三九〇二」に「梅の花み山としみにありともやかくのみ君は見れど飽か爾(ニ)せむ」の例があって、四段活用と認められる。ただし、終止形、命令形の確かな例は見あたらない。
(5)中世以後の口語では、「ざり」系では主として「ざった」が目立つほか、連体形の「ぬ」の終止法が一般化した。中世末期には関東では、「ない」が一般化し、関西系の「ぬ」と対立するようになった。関東でも、「ませぬ」の変化した「ません」は広く用いられており、その他慣用的な用法としては「ぬ」系も残っているが、明治以後、国定の読本をはじめ、口語文の標準としては、「ない」に代わられたといってよい。連用形「ず」は、連用中止法として、主として書きことばに用いられている。また、助詞「に」「と」を伴って、「ずに」「ずと」となることも多い。→助動詞「ない」・「ずに

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〘助動〙 (「むず(んず)」の撥音無表記。また、中世以後の「うず」の変化したもの) 意志や推量の意を表わす。
※史記抄(1477)一〇「王僚は可殺とはやすく殺さずと云ぞ」
※滑稽本・東海道中膝栗毛‐発端(1814)「すいた男に添せずとおもひきはめ、わざわざめしつれて参っておざるヤア」
[補注]「万葉」の東歌、「我をかづさ寐もかづさか受(ズ)とも」(三四三二)、「麻笥(をけ)にふすさに績(う)ま受(ズ)とも」(三四八四)、「風吹か受(ズ)かも」(三五七二)の「ず」を、この「ず」とし、上代東国方言に用いられていたとする説がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ずの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation