@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

せり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

せり
劇場機構の一つで,舞台の床の一部を切抜き,これに出演者や舞台装置を乗せて上下させる仕掛け。「迫り」とも書く。舞台に現すことを「せり上げ」「せり出し」,舞台から消すことを「せり下げ」「せりおろし」と呼び,すべて大道具方が操作する。現在の歌舞伎劇場では,回り舞台の中央,前方にあるものを「せり」「中ぜり」,その後方の大きなものを「大ぜり」と呼ぶ。ほかに下手下座前にもあり,また花道の七三にあるものは「すっぽん」または「切穴」と呼ばれる。宝暦3 (1753) 年,並木正三により大坂道頓堀の角の芝居で行われたのが最初といわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

せり
せり
演劇舞台用語。舞台の床(ゆか)の一部を四角に切り、その部分に俳優や大道具をのせて昇降させる機構のこと。上がるのをせり上げ、せり出し、下がるのをせり下げ、せりおろしといい、とくに大きな屋体などを昇降させるものを大ぜりという。18世紀の初めに竹田からくりなどで最初に使われ、歌舞伎(かぶき)では1753年(宝暦3)並木正三(しょうざ)が自作の『けいせい天羽衣(あまのはごろも)』で三間四方のせり上げを使用したのが始まりといわれる。現代では広く一般演劇に使用。なお、花道の揚幕から七分、舞台付け際から三分の、いわゆる七三(しちさん)にあるせりをとくに「すっぽん」とよび、精霊や妖術(ようじゅつ)使いの役の登退場に使われる。この語源については、せり上がりの演者が首から出るさまがスッポンの首に似ているからなどの諸説があるが、確証はない。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

せり[葉茎菜類]
東北地方、宮城県地域ブランド
主に名取市石巻市仙台市などで生産されている。宮城県では江戸時代初期から栽培されている。出荷量は全国トップクラス。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せり[葉茎菜類]
関東地方、茨城県の地域ブランド。
主に行方市で生産されている。春の七草の一つ。競り合うように伸びることから、この名がついたという。行方地方には質のよい地下水が豊富であるため、栽培が盛んにおこなわれている。せりには、カロチン・ビタミンCが比較的多く神経痛に効果的。葉酸鉄分も多いため、特に女性によい。茨城県のせり生産量は、全国トップクラスを誇る。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

せりの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation