@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

せんべい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

せんべい
干菓子一種で,もち米,うるち米の粉,小麦粉を主材料に,砂糖,卵,水飴,食塩などを加えて種をつくり,これを焼き型あるいは金網などに載せて焼き上げたもの。煎餅とも書く。奈良時代から平安時代の初期に中国から伝わった。もち米あるいはうるち米の粉を用いたものに塩せんべい,甘辛せんべい,あられ,八ッ橋など,小麦粉を主材料としたものに瓦せんべい,味噌せんべい,の甲せんべい,巻きせんべい,落花生せんべい,松皮せんべい,小麦麩せんべいとして南部せんべいなどがあり,種類はきわめて多い。このほか,芋を主材料とした芋せんべいなどもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

せんべい
米や小麦粉から作ったお菓子。全国米菓工業組合によると、古くから農家の保存食として食べられてきた。江戸時代には宿場で提供され、商いとして盛んになったという。うるち米から作った米菓や、小麦粉から作った瓦せんべいや南部せんべいなどがある。
(2019-05-14 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

せんべい」の用語解説はコトバンクが提供しています。

せんべいの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation