@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

そごう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

そごう
百貨店。天保1(1830)年十合伊兵衛(そごういへえ)により古着店大和屋として大坂で創業。1877年心斎橋に進出し,十合呉服店と改称。1919年株式会社十合呉服店を設立し,従来の十合呉服店を吸収合併。1940年十合と改称。設立以来阪神地区で発展,第2次世界大戦後は進駐軍の PX(アメリカ軍の酒保)に接収されたが 1952年解除となり再開店,1957年東京に進出。1969年社名をそごうに変更。大阪,神戸,東京以外にも関連会社として千葉そごう,横浜そごうなどを設立し国内外に 40店舗をもつにいたったが,拡大路線が行きづまり債務超過に陥った。そのため 2000年4月に債権放棄を柱とする再建策を打ち出したが,新生銀行がそごう向け債権の買い取りを預金保険機構に申請したことから事態は紛糾,7月に入り自主再建を断念し民事再生法の適用を東京地方裁判所に申請,倒産した。2001年十合(1952十合呉服店関連会社の数寄屋寮として設立,1969社名変更)が西武百貨店と業務提携。そごうは 2002年2月の横浜そごうに続き 9月にはグループ 10法人と合併,社名を残した。2003年,十合が社名をミレニアムリテイリングに変更して持株会社となり,西武百貨店とともに百貨店事業を行なうミレニアムリテイリンググループを発足させ,2004年西武百貨店を傘下に置いた。2006年ミレニアムリテイリングがセブン&アイ・ホールディングスの完全子会社となる。2009年そごうを存続会社としてミレニアムリテイリング,西武百貨店と合併し,商号を「そごう・西武」に変更した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そご・う そごふ
〘自ハ四〙 =そぐう日葡辞書(1603‐04)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そごう」の用語解説はコトバンクが提供しています。

そごうの関連情報

関連キーワード

奴隷制廃止運動フランス史(年表)産業革命民衆を導く自由の女神パーマストン(子)ギゾースタンダールシャルルルイフィリップ民衆を率いる自由の女神

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation