@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

その他のリンパ増殖性疾患

内科学 第10版

その他のリンパ増殖性疾患(白血球系疾患)
 良性あるいは悪性,リンパ系あるいは非リンパ系のいくつかの疾患は,臨床・病理学的に悪性リンパ腫と紛らわしいことがある.多くの非リンパ系の悪性腫瘍のリンパ節転移は,硬度の違いなどはあるが,原発巣が不明の場合はリンパ節病変の組織学的所見がなければリンパ腫に類似する点も多い.膠原病では,全身性の軽いリンパ節腫脹をきたすことが多いが,臨床病態と検査値によるスコアリングで診断できればリンパ節生検は不要である.ウイルス感染症によるリンパ節腫脹は,一過性の全身炎症性の病態から多くは臨床的に鑑別可能である.ただEpstein-Barrウイルスの初感染による伝染性単核球症は,全身リンパ節腫脹が中等度のことがあり,その生検組織像のみでは病理学的にT細胞リンパ腫との鑑別は容易でなく,臨床情報がきわめて重要である.また免疫不全患者におけるEpstein-Barrウイルス感染症は,慢性Epstein-Barrウイルス感染症など悪性リンパ腫に移行しやすい病態をとることがある【⇨4-4-2)(4)】.
 リンパ腫と紛らわしいリンパ球・組織球の増殖性疾患を表14-10-18にあげた.以下,鑑別が重要ないくつかの疾患について概説する.[塚崎邦弘]
■文献
Dispenzieri A, Pittaluga S, et al: Diagnosis and management of disorders that can mimic lymphoma. In: Non-Hodgkin Lymphoma, 2nd ed (Armitage JO, Mauch PM, et al eds), pp 557-585, Lippincott Williams & wilkins, Philadelphia, 2009.
正木康史,梅原久範:IgG4関連疾患-新たな疾患概念-.臨床血液,52: 315-321,2011.

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

その他のリンパ増殖性疾患」の用語解説はコトバンクが提供しています。

その他のリンパ増殖性疾患の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation